たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 田舎そば ひたしや

 土曜日のこの日、久しぶりに「冷やしそば・ひたしそば」活動ということで、もんみや8月号に載っていたこちらのお店まで。ちなみに冷やしそばもしくはひたしそばというのは、栃木県北でわりとよくみられる、冷たいソバを温かいツユに浸けていただくスタイルです。

 そのお店は、マンションの1階にあり、駐車場はマンションの裏手に。開店時刻のちょっと前にお店に着いたのですが、既に数組のお客さんが待っている状態で、開店と同時にこぢんまりとした店内はほぼ満席になる盛況ぶり。相席はさせないようで、その後に来たお客さんは店内、そして外で待つことになるのですが、続々という感じで増えていきました。

 それでまずは注文なのですが、お品書きを見たところ、メインは、ひたしそば・うどん、とろろひたしそば・うどん、豚バラひたしそば・うどんの3種類で、もりやかけなど、他のそば・うどん類はない潔さ。他は、かき揚げとお新香、ミックスナッツ、ソフト・ハードドリンク類と、かなり絞ったメニューで勝負されている感がありますね。

ひたしそば 650円 + 倍盛り(麺2倍 約600g) 250円
ひたしそば 650円 + 倍盛り(麺2倍 約600g) 250円
 そんな中から私がいただいたのが、一番ベーシックであろうひたしそばを、倍盛りで。ちなみにこちらのお店、中盛や大盛や特盛はメニューに無く、ノーマルか倍盛りとなっています。それでまず、「田舎そば」を謳う太くて不揃いなソバを、何も浸けずにそのままいただいてみたところ、ムチッとした歯応えで噛むと甘味がどんどん増してくる感じが!これは格好付けて啜り込むのではなく、しっかりと噛んで味わった方が良さげなチューンですね。そして次に、最初からかき揚げが入っていたツユに浸けていただいてみたところ、ツユ自体の味は濃いめで、生醤油っぽいエッジもあるけどまろ味も感じる不思議な感じが。(半生?)甘味は若干ですが立ってる感じがして、更にかき揚げのオイル分でツユの味を完成させているような印象。ちなみにそのかき揚げは、ツユと良く馴染むタイプで、ソバと共にいただけば、口の中に至福の時が現れました。なので、倍盛りにしたソバもあっという間に無くなってしまったというか。あと、ボーナスステージ的に盛ってある、幅広いソバも面白かったです。

とろろひたしそば 850円
とろろひたしそば 850円
 こちらは、同行の家人がいただいたもの。ノーマルのひたしと違ってつけ汁の中には、天かすとトロロが入っているのですが、ノーマルのひたしに較べて結構キャラが変わる印象でした。

 というわけで、どちらもとっても美味しくいただいたのですが、今回いただかなかった豚バラひたしも(ピリ辛に炒めた豚バラがソバに載り、ツユにはかき揚げの小さいのが入るとのこと)、是非ともいってみたくなりました。ごちそうさまです。

平成29年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ