たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

静岡県浜松市 喜慕里

 今回浜松市を訪れるにあたり、是非ともいただいてみたかったのが、宇都宮市と消費量日本一を競う餃子。(もっとも、個人的には宇都宮で生まれで餃子も今は好きな食べ物ですがどっちが一位になろうと正直どうでも良いのですが。)ちなみに、その順位は家庭での消費量であってお店でいただく量はカウントされず、加えて浜松市は元々工場が多いため昔からお店でいただくよりも生のものを持ち帰り家庭で焼いていただく方が主流なんて話も聞いたのですが、それでもやっぱり浜松市内のお店でいただきたいと思い調べてみたところ、今回の旅の目的地の一つである、スズキ歴史館から大変近いところに有名なお店があるのを発見しました。

 そのお店が、こちらの喜慕里(きぼり)さん。土曜日の、昼の部閉店時間30分前である午後2時頃お店に到着したのですが、その時点で店外には10人くらいの行列が。その最後尾に並んで待つこと暫しで入店。店内でもちょっとだけ待ってからカウンター席にご案内となり、わりとぶっきらぼうにお冷やが登場。そこで注文となったのですが、かなりメニューが豊富というか、餃子単品だけでもノーマルのものが大(20コ)1040円、中(15コ)780円、小(10コ)540円と3種類に加え、エビ入り、イカ入り、カニ入りといった海の幸の入ったものがそれぞれ大(16コ)1200円、中(12コ)800円、小(8コ)600円と3種類づつ。あとホルモン600円、唐あげ670円という単品メニューもあり、更に餃子や単品メニューには+240円でご飯と味噌汁、お新香が付く定食、その他ライス単品の大240円、中190円、小150円も。更に更に、みそラーメン、しょうゆラーメン、しおラーメンが各540円、コーンラーメンとバターラーメンが各650円、唐あげラーメン700円、コーンバターラーメン760円に加え、夏季限定の冷やし中華860円と麺類も一通りあり、あと飲み物は瓶ビールの中瓶が540円、ウーロン茶・コーラ・オレンジジュースが各270円と、文字にすると殊更多くなりますね。で、その中から、私がエビ入りの小と冷やし中華、同行の家人が小定食をオーダー。そこから更に待ち、お店に着いてから数えること40分で、まずは餃子と定食が、更にそこから数分で冷やし中華が、わりとぶっきらぼうに登場しました。

エビ入小(8コ) 600円
エビ入小(8コ) 600円
 それでまずは、私のエビ入り小から。モヤシがあしらわれているのが浜松っぽいと思ったのですが、やや小ぶりなサイズですね。で、1つめは、何も付けずにいってみたのですが、餡は肉々しい塊、刻み野菜ギッシリのどちらでもなく、肉と野菜がペースト状に混ざったようなタイプで、餡自体の味付けは薄め。そこに、ころっとしたエビの切り身がコロっとビルトインされているのですが、そのエビ、香りから存在感をかなり主張してきます。そして皮は薄めで、焼き目サクっパリっ、上部しっとりむっちりとした食感で、さすが専門店というお見事な焼き加減。また、2つめはカウンター上のタレで、3つめ以降はそこにラー油を加えていただいたところ良い感じとなり、こちらの餃子は、タレを付けるのが前提で味のチューンがなされているのかなと思いました。

冷し中華(夏季のみ) 860円
冷し中華(夏季のみ) 860円
 次に冷し中華ですが、写真のとおり、タレが別の容器で登場したので、最初にザバっと掛けて、更によく混ぜてからいただくことに。で、そのタレですが、甘味と酸味が効き、そこにすりゴマがが香ばしさとコクをプラスという感じで。また細めの麺は、冷たく締められているため、しなやかなれど歯応えというか噛み応えがかなりありました。それと、海苔が掛かっていたのが、個人的には珍しかったです。

小定食(10コ) 760円
小定食(10コ) 760円
 最後に、家人の小定食からノーマルな餃子も味見させて貰ったのですが、エビが無い分、よりプレーンな餃子の味を味わえました。

 というわけで、餃子も冷やし中華も美味しくいただいたのですが、正直餃子はもっと食べたかったし、更には、隣の席で地元の方っぽいお客さんが食べていた塩ラーメンが大変美味しそうだったので、これはそのうち、またお伺いしなくてはなりませんかね。ごちそうさまでした。

平成29年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ