たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

浦和競馬場訪問記 【平成28年6月3日(金)・薫風特別(B1B2一)他】

2号スタンドから見た第9レースの風景

 今年3月に初めてお伺いした浦和競馬場(訪問記その1その2)ですが、その雰囲気や、何より食べ物の豊富さと美味しさに惹かれて再訪の機会をうかがっておりました。で、前の記事でちょっとだけ触れたとおり、6月初めの金曜日に休みが取れたので、いそいそと向かいました。


二度目の浦和競馬場へ

【JR上野東京ライン上り普通列車】
JR上野東京ライン上り普通列車
【浦和駅で乗り換えたJR京浜東北線南行き普通列車】
浦和駅で乗り換えたJR京浜東北線南行き普通列車
 前回は相方と一緒ということもありクルマでお伺いしたのですが、今回は1人ということで、JR宇都宮線(東北本線)上り普通列車にライドオン。浦和駅でJR京浜東北線に乗り換えて南浦和駅まで。

【無料送迎バス乗り場】
無料送迎バス乗り場
 南浦和駅には午前9時をちょっと回った頃に到着。事前に調べたとおり東口を出ると、まだ時間が早いのかそれっぽい人が見当たらずに焦ったのですが、よく見ると横断歩道の向かい側植え込みの中に送迎バスの案内看板を発見。それに従い左手方向(北方向)にちょっと歩くと無料送迎バス乗り場がありました。

【乗り場にバックで入ってくるバス】
乗り場にバックで入ってくるバス
【浦和競馬場に到着】
浦和競馬場に到着
 乗り場で待つこと少々。午前9時半頃、この日最初?の無料送迎バスが、乗り場にバックで入ってきました。で、早速乗り込むと程なくして発車。約10分で浦和競馬場に到着しました。

【3号スタンド指定席券発売所】
3号スタンド指定席券発売所
【正門付近】
正門付近
 到着してすぐ、3号スタンド指定席券発売所へ行き本日の席をゲット。前回は4階特別観覧席(1席2000円)にしたのですが、今回は5階特別観覧席(1席2500円)にしてみました。あとは、今日のレースの予想をしつつ午前10時20分の開場まで時間を潰し、時間になったら正門から、いざ。

場内のいろいろ

【入場!】
入場!
 浦和競馬場については前回訪問時の記事に詳しく書いたので、ここからは勝負の合間に撮った写真などを交えてごく簡単に。

【売店跡?】
売店跡?
【無料休憩所跡】
無料休憩所跡
【北門付近から場内を望む】
北門付近から場内を望む
 前回撮れなかったというか、前回訪れなかった7号投票所と北門の間のエリア。こちらにもかつては売店や休憩所があったようですね。(現在は別の用途に使用されているようですが。)地方競馬の競馬場では良くある、かつての栄華を偲ばせる系の遺構(ここのは未だ遺構ではないと思いますが…。)は、ノスタルジーを感じさせると共に、何とも切ない気分にさせてくれます。

【第8レースのゴール】
第8レースのゴール
 1枚くらい競馬っぽい写真を。それにしても、浦和競馬場の最後の直線は200メートルしかないのですが、コース脇で見ていると、ほんと、あっという間という感じで。(これの前に行った競馬場がJRAの新潟競馬場だったので、尚のことそう思いました。)

3号スタンド5階特別観覧席(指定席)

【1階指定席専用エレベーター乗り場】
指定席専用エレベーター
【5階コンコース】
5階コンコース
【マッサージチェアなど】
マッサージチェアなど
【ドリンクサービス】
ドリンクサービス
【発売窓口】
発売窓口
【5階指定席案内】
5階指定席案内
【5階特別観覧席(2列目・開場直後)】
5階特別観覧席(2列目・開場直後)
【5階特別観覧席(最前列・開場直後)】
5階特別観覧席(最前列・開場直後)
【今回の席(最前列A-44)からの眺め】
今回の席(最前列A-44)からの眺め
 前述のとおり、今回は5階の特別観覧席(指定席)にしたのですが、その席は、今となってはちょっと懐かしい感じがする、横にズラ~っと並んで座るタイプ。ちなみに、大型の液晶モニターが2席に1つの割合で付いていました。で、一人当たりの幅がわりと広いのと、この日は一方の隣人が居ないなどわりと空いていたこともあって快適に過ごせました。

【5階から見た輪乗り】
5階から見た輪乗り
【5階から見たスタート】
5階から見たスタート
【5階から見たゲート撤収】
5階から見たゲート撤収
【5階から見た最後の直線】
5階から見た最後の直線
 今回は、場内での写真撮影もそこそこにわりと長い時間を自席で過ごしていたのでのが、さすがにスタンド5階からだと結構見下ろしてる感がありますね。しかも、JRAの競馬場よりコースが近いゆえ急角度に見下ろす感覚が独特です。

競馬場グルメ

 前回お伺いした時、その種類の豊富さと美味しさにやられた浦和の競馬場グルメ。今回は一人だったのですが、可能な限りいただいてきました。

コーヒー&カレー コックピット (3号スタンド 2階)

 こちらは、自由席エリアとなる3号スタンド2階の売店。店名に反して品揃えが豊富で、カレーにスパゲッティ、そば・うどんの類いにやききそばやおにぎりなどの軽食類の他、フランクフルトなどのスナックやもつ煮などのつまみ類、飲み物もアルコール類一通りともちろんコーヒー、そしてソフトドリンクと何でもありという感じで。

【もつ煮 350円】
もつ煮 350円
 それでいただいたのが、定番のもつ煮。そのお味は、味噌の風味が強く甘味控えめ味濃いめという、ある意味男らしいもの。個人的には好きな味ですね。またモツは豚モツで、他に入る大根、こんにゃくはどれも味が染み染み。また、後入れの木綿豆腐のプレーンな味わいが、全体的に濃い味の中、何ともほっとさせますね。

【缶ビール 370円】
缶ビール 370円
 お酒は生と較べると安い缶ビールを。もっとも、安く済ませるには持ち込めば良いのかもしれないですが、個人的に調達は競馬場内で完結させたいので。

へぎ蕎麦 一馬 (3号スタンド 2階)

 こちらは、3号スタンド3階にある食堂。ちなみにへぎ蕎麦とは、新潟県で食べられている、打つときのつなぎに布海苔を使った蕎麦のことです。で、お品書きにはへぎそばの他、地粉うどん、そしてお供の天ぷら各種の他、ラーメンにカレー、カツ丼などの食事類と、そして酒とつまみ類が大変豊富。ちなみに日本酒は、埼玉の地酒「文楽」の他、新潟の「久保田」と「八海山」があるのがそれっぽいですね。

【へぎそば(冷) 550円】
へぎそば(冷) 550円
 へぎ蕎麦独特の布海苔の風味は個人的には感じられないほど。この風味は好き嫌いがあるので、これはこれで食べやすいんじゃないでしょうか。また、キンと冷たく締められているせいもあるのかコシが結構強いです。それと、つゆは甘味控えめなタイプでした。

優駿グループ

 競馬場内にある飲食売店長屋の大部分を占めるのが、優駿グループ。(ちなみに他は、埼玉県のマスコットであるコバトングッズも売っている埼玉県産品ショップと、たばことお菓子の母子福祉会。)グループ内で店舗の移動があるようで浦和競馬場公式ウェブサイトのグルメマップとは並び順が違っていました。(ですが現在、グルメマップからは以前あったその記述が何故か消えていますが。)

【まぐろ巻 120円】
まぐろ巻 120円
 浦和競馬場の名物の一つと言ってもいいマグロの細巻きですが、今回は1号店で購入。で、一部では噛みきれないとも言われているのですが、今回購入したのはそのようなこともなく、マグロ分も結構多めで、コストパフォーマンス高いなぁ、と。飲んだあとのちょっとしたシメ的ポジションでいただくも良し、傍若無人に米をつまみにするも良し、という感じで。

【牛ホルモン 170円】
牛ホルモン 170円
 南関名物の牛ホルモン煮ですが、浦和にもありました。フワ(フク)を串に刺して味噌味で煮たお馴染みの物ですが、今回のはいただいた時間が早かったせいか、食感がフワプリなかわりに、例のちょっとクセのある味がわりと全開で、焼酎や昔で言う二級酒の類いが欲しくなるというか。

【鳥モツ 120円 と 鳥ハラミ 120円】
鳥モツ 120円 と 鳥ハラミ 120円
 お次は定番の焼き鳥を。ちなみに、優駿グループ5店舗のうち、焼き台を備えて焼き鳥売っていたのは4店舗だったかと。で、今回は自分的にはあまりいただいたことがない2品をチョイスしたのですが、鳥ハラミは、皮がメインでそこに身が少々という感じ。そして鳥モツは、外側のカリっと、中はモツらしいクニっとした食感。クセはそんなになく、むしろ酒が進む感じ。あと、こちらのお店のタレは、ちょっと甘めなのが特徴的でした。

【ボンジリ 120円 と レバー 120円 と ハラミ 120円】
ボンジリ 120円 と レバー 120円 と ハラミ 120円
 また別のお店で焼き鳥を。それでお味の方ですが、ボンジリは皮目香ばしくも中の軟骨ハードめ。レバーは外カリ中トロの個人的にはアタリ!と叫びたい具合のもの。そしてハラミ(鳥じゃないです)は、個人的に大好きなこともあって間違いないですね。あとこちらのお店のタレは、色は黒いけど甘味が少なく(でもまろやか感はある)サラっとしたタイプでした。

【塩味きゅうり 120円】
塩味きゅうり 120円
 これもある意味浦和競馬場名物の、キュウリの浅漬け。複数のお店で売っていたと思ったのですが、今回はこちらで。味的には名前のとおりなのですが、いただくと何ともホっといたします。

【レバカツ 120円】
レバカツ 120円
 浦和競馬場には、同じ値段で浦和最強の名物とも言われるマグロカツがあるのですが、今回はあえてレバカツを。で、お味の方はきわめてスタンダード。癖も強くなく悪くないです。

母子福祉会

 こちらのお店は、たばこも売っていたので母子福祉会たと思うのですが、違っていたら申し訳ない。で、アルコールを含む飲料を多数置いてありました。

【ハイボール 350円】
ハイボール 350円
 その中からまずはこちらの品を。ちなみに、カップの中身は缶入りのサントリー角ハイボール。浦和競馬場はチューハイを初めとして売店での缶入り飲料率が高いです。あと他にも、ここのお店を含む数店舗でチューハイ(320円)とかいただいたのですが、写真に撮るのを忘れてしまったという…。

2号スタンド1階コーヒー売店

 本日のシメは、2号スタンド唯一の売店というか、1階にある小さなコーヒースタンドとも言うべきお店(お店の正式名称がわからないもので…。)で。

【アイスコーヒー 200円】
アイスコーヒー 200円
 で、いただいたのはアイスコーヒー。こういう所なので、既製品を小さめの紙コップに注ぐだけなのですが、それはそれで悪くないかと。

戦い済んで

【退場】
退場
【シャトルバス乗り場】
シャトルバス乗り場
 というわけで、食を中心に楽しんだ今回の浦和競馬場でしたが、誠に残念ながら、馬券の方は結構なマイナスという感じで。競馬場に来た時、個人的には当たり馬券を最後にまとめて換金するようにしているのですが、今回はその少なさにいささかショックを受けたというか。そんなわけで、浦和に預けたお金は浦和で下ろすべく、また何時かリベンジしたいと思うのですが、その為には、個人的にもう少しばかり浦和の回収率を上げないことには、話にならないんだよなぁ…。でも、まだまだいただいていない食べ物は沢山有るので、頑張りたいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ