たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

広島県三原市 つけ麺本舗 辛部 広島空港店

 広島県の広島市を中心といる地域には、『広島つけ麺』(『広島風つけ麺』とも)といわれる辛味が特徴のつけ麺があって、確か何年か前に流行り、コンビニなんかでも売っていた記憶が。で、これまでのエントリのとおり、先日広島まで行ってきたのですが、朝からあれほどいただいたにもかかわらず、帰りに広島空港に着いた頃にはすっかり空腹となり、飛行機の搭乗時刻まではまだ余裕があったので、空港内で夕食でもという事に。それでレストラン街に向かったところ、前述の広島つけ麺のお店を発見。実は私、未だ広島つけ麺という物をいただいた事がなかったので、これを機会に体験してみることにしました。

定番つけ麺(普通・辛さ20倍) 750円
定番つけ麺(普通・辛さ20倍)
 というわけで、「定番」と書かれたつけ麺を、辛さは何となく20倍で。ちなみこちらのお店では、辛さは注文の際に数字で指定する(0倍~30倍まで同料金で選択可能)事になっていて、その中で「激辛」とカテゴライズされたなかで一番高い数字を指定してしまったのですが、先に登場した冷たい付け汁は、表面には1cm以上、ラー油のような見るからに辛そうな液体が浮いていました。そして程なくして麺が登場。付け汁を良く攪拌してから麺を浸けていただくと、最初はゴマの良い香りと、甘味と酸味が軽く効いた醤油味の付け汁の味が来て、最後に辛味が来るという感じ。唐辛子を直接投入しているのではなく、油に抽出させた辛味を加えているので、今回の辛さだと、口の中に直接辛味が刺さるというよりは、コクのある油に包まれて、確かに辛いですが若干マイルドにも感じるというか。(もっとも、このあたりは個人差が大きいですが。)また、麺自体は中くらいの太さで、若干硬質ながらプリッとした食感も。それから、具には茹でキャベツや生野菜類も付いているのですが、それともこの付け汁は合いますね。

つけ担々麺 750円
つけ担々麺
 こちらは、同行者がいただいた物。例によって味見させて貰ったところ、ゴマ感はどちらかというとあっさり目で、山椒の香りと痺れる辛味が効いた付け汁が良いですね。また、麺はデフォルトで熱盛りとなっていて、付け汁が冷めずに最後までいただけます。

 というわけで、広島つけ麺初体験だったのですが、なかなかに美味しくて興味をそそられたというか。なので将来、広島市内などに行って、色々と食べ歩きしてみたくなりましたね。ごちそうさまでした。

平成25年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ