たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福山競馬場訪問記 【平成25年1月12日・クイーンカップ(重賞)他】 その3

 前々記事前記事から続く福山競馬場訪問記なのですが、最終回である今回は、コースと競馬場グルメなどについて。


コースなど

 福山競馬場のコースは、前述のとおり、現在日本にある競馬場のなかで最短となる1周1,000mの平坦なダートコース。レース距離設定は800m、1,130m、1,250m、1,600m、1,800m、2,250m、2,600mが可能。(ちなみにお伺いしたこの日は1,250mと1,600mのレースのみが組まれていました。)また幅員は18~25mで、フルゲートは10頭。最後の直線は300で、うち4角からゴール板までは220mとなっています。と、スペック的にはそんなところなのですが、実際にコースを見てみるとかなりコンパクトというか小回りというか。また、地方競馬場の競馬場は概してコースとの距離が近いのですが、ここは特にそう感じたというか、かなりの臨場感でした。
【後半戦のみ誘導馬が】
後半戦のみ誘導馬が
【待機所からスタート地点へと向かう競走馬】
待機所からスタート地点へと向かう競走馬
【発馬前に白旗を振る係員】
発馬前に白旗を振る係員
【スターターと1,250mのスタート地点】
スターターと1,250mのスタート地点
【第2R発馬の瞬間】
第2R発馬の瞬間
【第2Rで3,4角を回る競走馬】
第2Rで3,4角を回る競走馬
【3Rのゴール前】
3Rのゴール前

 あとコース周りの施設などについてもいくつか。まずゴール板ですが、後ろにのけぞっているような形が何とも特徴的というか。他には、馬場状態を示す看板や立派な映像装置もありました。それと表彰台ですが、コース同様コンパクトで、お客さんとの距離が近いですね。ちなみに写真は、8R終了後に行われた、この日から期間限定騎乗となる金沢競馬の青柳正義騎手と畑中信司機種の紹介セレモニーの様子です。あと、コース整備にはウニモグの他、コマツのホイールローダが使われていました。
【ゴール板】
ゴール板
【馬場状態の看板】
馬場状態の看板
【大型映像装置のわくわくビジョン】
大型映像装置のわくわくビジョン
【表彰台】
表彰台
【ハロー掛けするウニモグ】
ハロー掛けするウニモグ
【ハロー掛けするホイールローダ】
ハロー掛けするホイールローダ

いただいた競馬場グルメ

 個人的に、競馬場での大きな楽しみの一つが、競馬場内でいただくあれこれ。今回もいくつかいただいてきたのを、以下に。(一部の文章は先日あげた記事の再利用です。すみません。)

 まずは有名な、スタンド2階にある『ホースショップ』の尾道ラーメン。こちらはノーマルのラーメンに+50円で煮玉子を追加した物です。で、まずは、脂が結構浮いたスープからいただくと、黒々とした見た目に反してマイルドな甘味のある醤油味に、尾道ラーメンの特徴である揚げた背脂のコクと香ばしさがマッチ。麺は平打ちの細ストレートで、ツルツルっとした食感。具のチャーシューやメンマは懐かしい感じ。そして追加の煮玉子は、固ゆでの黄身がホクホクで、ラーメン同様色は濃いですが良い塩梅。個人的に尾道ラーメンは、7、8年前に有名なお店でいただいて以来だったのですが、その時に匹敵する美味しさでした。
【ホースショップの卵ラーメン 550円】
ホースショップの卵ラーメン 550円
【ホースショップ外観】
ホースショップ外観

 こちらは1階の立ち食いスタンド『勝馬』でいただいた物。個人的に競馬場に来ると、ソバやウドンの類が食べたくなってしまうもので。で、そのうどんですが、つゆは、出汁よりも醤油を先に感じる、昔ながらの立ち食いうどんのつゆという感じのお味。うどんは茹で麺で、特有の食感。(個心的には嫌いじゃないです。)ちなみにうどんではなくそばを注文すると、日本そばでは無く黄そば(いわゆる中華麺)になるのですね。具の天ぷらは、小エビがいくつかと衣という構成で、ふわりとした食感で、つゆとの馴染みも良い物。総じて、トラディショナルな立ち食いうどんという感じで、個人的には好みの味でした。
【勝馬の天ぷらうどん 350円】
勝馬の天ぷらうどん 350円
【勝馬外観】
勝馬外観

 こちらは同行者がいただいた、『山本ショウテン』の焼きそば。これも結構有名なようですね。店頭に置いてあったのを購入したのですが、かなり熱々(特別観覧席まで持ち帰るのにちょっと難渋しました。)。で、少々味見させて貰ったのですが、甘味の効いたソースに、具として入っていた、揚げた背脂のコクが旨かったというか。あと、青のりが上に掛かっているのではなく混ざっていたのがちょっと珍しく感じました。
【山本ショウテンの焼きそば 300円】
山本ショウテンの焼きそば 300円
【山本ショウテン外観】
山本ショウテン外観

 他にも、ホルモンやらおでんやら天ぷらやら気になる物はいくつもあったのですが、これら酒のアテ系は、残念ながらいただけなかったというか。

戦い済んで

 そんなわけで、丸一日、福山競馬場を堪能したのですが、残念ながら収支は…。逆転を狙ったメインというか最終Rの重賞『第36回クイーンカップ』も外し、更には追加で買った併売のばんえい9Rも外しと、傷口を広げて終了というか。で、是非ともリベンジといきたいところなのですが、残念ながら、もう一度現地へとお伺いする機会はなさそうです。
【退場】
退場

 そして帰り道。来た時とは逆に国道2号から山陽自動車道と走ってレンタカーを返し、広島空港発午後7時40分の日本航空JL1614便に搭乗。ちなみにこの飛行機。使用機材は、間もなく引退となるMD-90型機でした。
【山陽自動車道を走る】
山陽自動車道を走る
【JL1614便の機内】
JL1614便の機内
【羽田空港に到着したJL1614便】
羽田空港に到着したJL1614便

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ