たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県日光市 めん屋 ききょう

 前回の訪問の際気になったのが、あの背脂で油通ししたネギが醤油味のスープと一緒になるとどうかということと、油通ししたネギの入らない塩スープの味はどうか、ということでした。というわけで今回の訪問が決まった時、「醤油味のネギラーメンか、ネギの入らない塩ラーメンか、どっちのラーメンが良いの?」となりましたが、結局今回は、醤油ねぎラーメンをいただくことに。あと、ぎょうざも一緒にお願いしました。

醤油ねぎラーメン 700円
醤油ねぎラーメン 700円
 注文してほどなく登場した醤油ねぎラーメンですが、先日の塩ねぎラーメン同様に、油通しされたネギがキラキラと輝いており、また、醤油の色は薄め。まず、スープからいただくと、醤油の香りよりも背脂の甘い香りが感じられ、お味のほうも、醤油の味もきちんと感じられますが背脂のコクとネギの味のほうがより強く印象に残る、というか。まだいただいていない味噌味も気になりますが、塩と醤油をいただいた限りでは、こちらのお店のねぎラーメンは、やっぱり、この油通ししたネギのキャラクターが強いですね。ただ、スープ自体も、これだけキャラクターが強いネギを、バックグラウンドでしっかりと支えている感じがします。いやぁ、やっぱり、個性的だけど、全体的には尖った所がなく、なんとも優しい美味しさですなぁ。そして、麺を啜れば、油通しで柔らかくなったネギと、ピロピロした柔らかめの麺が絡んで、もう。あとチャーシューは、前回同様脂身は落としてあり、口に入れるとしっとりとして柔らかく。

ぎょうざ 300円
ぎょうざ 300円
 それからぎょうざは、全体的にはウェッティーな感じで、お味のほうは、ラーメン同様尖ったところがなく、野菜の甘みが生きた優しい味です。

 というわけで、醤油味のねぎラーメンを堪能したのですが、今度は味噌味ならどうなるかが気になり出すと共に、この油通ししたネギの入らない素のスープだけを堪能してみたくもなり…。なので次回も、「味噌味のネギラーメンか、ネギの入らない塩ラーメンか、どっちのラーメンが、良いの?」ということになりそうです。ごちそうさまでした。

平成20年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ