たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県下都賀郡壬生町 ラーメン 二郎 栃木街道店

 久しぶりの栃二郎です。お店に着いて、豚骨の匂いを嗅ぎながら行列に並んでいると、「今日も喰らってやる!」とテンションが上がってきますなぁ。で、前回の大に続いて今回は大豚に挑戦しようかとも思いましたが何とか思いとどまり、結局小豚とカツオくん、生たまごの食券を購入しました。

 いつもの如くお冷やを注いで席に座り、カウンターに食券を出しますが、店主さんが大の食券を出したお客さんに「量多いけど大丈夫ですか」と確認していました。うち1人は小に替えて差額をもらっていましたが、別のお客さんは「大丈夫です」と。そのオニーサン、連れの方との会話からして初めての訪問のようですが、大丈夫でしょうか?そしてまたいつもの如く作る所を見ていたら、自分のロットは一度に何と9杯同時作成。そのうちラーメンが完成に近づいてくると、丼に大量に投入される麺とヤサイを見て、先程の大「大丈夫」のオニーサンの顔色が変わり、連れの方と何やらと。そのうちコールの時間になり、今回は、ニンニク・アブラでお願いしました。

小ラーメン豚入り(ニンニク・アブラ) 800円 + カツオくん 150円 + 生たまご 50円
小ラーメン豚入り(ニンニク・アブラ) 800円 + カツオくん 150円 + 生たまご 50円
 ラーメンが目の前に出されれば周りはどうでも良くなって、ひたすら麺啜って、汁飲んで、豚囓って、ヤサイ食べての繰り返し。今回はアブラコールのお陰で液体脂と固体脂がせめぎ合う何時にも増して凶悪な汁になってますが、やっぱり、旨いですねぇ。今回はドゥルドゥルとした食感の麺も相変わらず旨いし、ヤサイも相変わらず歯応えを残した絶妙の茹で加減。そして今回は、豚がホッこりとした柔らかさと濃すぎない味加減で、今までこちらでいただいた中で最高に感じました。豚入りにして良かったなぁ。それと生たまごは今回すき焼き風でいただきましたがそれも相変わらず旨いし、今回も何も言うことはありませんが、カツオくん入れた時は、ニンニク少なめでお願いした方が好みの味になるような気がしました。(思い切って無しもアリかと。)あと、久しぶりのせいか、最後はちょっと苦しくなってしまったのは勿体なくて残念。(大豚にしないで良かった…。)

 というわけで、久しぶりの二郎、堪能いたしました。ごちそうさまです。

平成20年10月訪問

 ちなみに、一通りいただいて一息ついたところで、先程の大「大丈夫」のオニーサンをふと見たら、半分も食べないうちに完全に固まっていました。その後、小を食べ終わった連れの方に麺を大量にあげてましたが、どうなりましたかねぇ。自分も食べ終わって店を出てしまったのでわかりませんが、帰りに栃木街道をクルマで走っている時、そのオニーサン達が後ろから追い越していきましたが。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 5
7 9 11
16 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ