たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

山梨県富士吉田市 きよちゃんうどん

 前述の『手打ちうどん たけ川』に続いて、今回『吉田のうどん』をいただく2軒目は、富士吉田の市街地を抜けたところにあるこちら。週のうち3日、しかも昼時のみ営業って、かなりハードルが高いお店だと思うのですが、お伺いしたのが午後1時半頃だったにもかかわらず、駐車場は一杯で更に路駐も数台。たまたま出る車があったので駐車場に停める事が出来たのですが、お店に入ると、店内は地元の人と観光客っぽいお客さんが入り交じって、ほとんどの席が埋まっていました。で、とりあえず席に着いた後、当地では一般的であるという卓上の注文用紙に記入してからカウンターに持って行くという方法で、かけの小と夏季限定という冷やしお願い。また、お冷やはセルフですが、他にもお茶や、サービスのお新香も用意してありました。

かけ(小) 400円
かけ(小) 400円
サービスのお新香
サービスのお新香
卓上のすりだねと青唐辛子
卓上のすりだねと青唐辛子
 そのお新香をいただきつつ待っていたら程なくく登場した2品ですが、まずはかけから。その見た目は、澄んだ醤油味のつゆに、麺の上にはかけうどんの筈なのに茹でキャベツと揚げ玉、そして肉などが載っています。(具については事前に調べた時に知っていたのですが、実際に見ると結構たっぷり載っていたので驚きました。) 早速つゆを一口啜ると、何とも良い節系の香り。吉田のうどんでは一般的ではないと思われる鰹?だしなんですが、そこに揚げ玉のコクやショウガを効かせた馬肉の風味が加わって、上品な中にもパンチがあるような。ちなみに揚げ玉は市販品ではなく、具を入れてわざわざ作られた物のようで、サクッとして風味も良いですね。そしてうどんは、こちらのお店もかなりの密度感がある、太くて硬い噛み応えのある麺。噛みしめると小麦っ!という感じの味で、また、先程いただいたたけ川よりも更に固く感じました。また、途中から卓上に置かれた薬味を投入したのですが、こちらのお店はこれが凝っているというか、吉田では一般的なすりだねの他に、青唐辛子を輪切りにして漬け込んだ物がありました。で、両方とも試してみたのですが、青唐辛子の方はキレのある辛みと香りが清々しく、また、すりだねはトロっとしていて甘味があり、味噌やゴマ、唐辛子の味と香りがマイルドで美味。どちらもうどんを更に美味しくしてくれます。

冷やし 600円
冷やし 600円
 それと、冷やしの方は、黒ゴマが浮いた冷たいつゆに、当然ながら冷たいうどんと、具はかけと共通の茹でキャベツ・揚げ玉・馬肉に加えてゆで卵と塩ワカメが載り、更にはチューブのワサビが添えられていました。で、そのうどんが凄かったというか、冷たく締められたことで更に硬度を増し<箸でつまんで水平にしても両端が容易には垂れ下がらないほど!口に入れると、あごが疲れる位の噛み応えなのですが、硬いと言っても一度しっかりと茹でられているので、噛みしめるほどに小麦の味を堪能できます。また、添えられたチューブのワサビがとても合っているというか、うどんに少量付けていただくと、新たなうどんの味を発見できた気が。(って大げさですかね。)ちなみにこれ、本ワサビのおろしたてだと逆に合わないかもしれません。

 というわけで、2軒目も美味しくいただいたのですが、2軒とも良く噛んでいただいたお陰か、お腹がかなり窮屈に。でも、土地の名物でお腹一杯に出来るなんて、何とも幸せだなぁ、なんて思いました。ごちそうさまです。

平成22年7月訪問


 というわけで今回、2軒のお店で吉田のうどんを堪能させていただいたのですが、まだまだ奥が深そうというか、事前にチェックしたお店で行けなかったところも多いことですし、また機会があれば是非お伺いしたいなぁ、と思いました。なお、吉田のうどんについては、以下のウェブサイトに詳しく載っていますので、興味のある方は参考にしていただければ。

富士吉田市

ふじよしだ観光振興サービス

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 22
24 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ