たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県真岡市 手打ラーメン 祇園

 世間は夏休みに入ったようですが、子供の頃、夏休みといえば真岡にある井頭公園一万人プールに行く事がステイタスというか、一大イベントだった気がします。その真岡も、大人になるとすっかり個人的用事が無くなってしまい、ただ通り過ぎるだけになってしまっていたのですが、今回は所用で益子へ向かう途中、ちょっと足を止めてこちらへ。お店自体は栃木県のラーメン本には必ずと言って良いほど載っている有名店ですが、実は、お伺いするのは初めてだったりします。

 そしていただくのは、どのラーメン本もお奨めしているパーコめんと、これまたお奨めらしい餃子、そして同行者は味噌バターとなったのですが、注文して程なくすると、ラーメン本に載っているとおり、「バタンっ!バタン!」と麺を延ばす音が聞こえてきました。

パーコめん 800円
パーコめん 800円
 で、まずはパーコめんなんですが、最初に言うと、今まで食べなかった事を激しく後悔。(って、結構後悔しまくりな私…。)アッサリ・スッキリとした醤油味のスープと、カラッと揚がったパーコの香ばしさと油感、そしてツルツルシコっとした手延べ麺が、まさしく『Holy trinity』というか、欠ける物無き完璧な組合せという感じがしますね。中でも特に、手延べ麺のスムースな食感は感動モノで、いつまでも啜っていたくなってしまいました。また、食べ応えも十分にあり、食後の満足感もあって、いやぁ、これは美味しい一杯ですなぁ。

餃子 350円
餃子 350円
 それと餃子は、ニンニクが強めに効いたジャパニーズ(っていうか、栃木?)スタンダードな味に感じました。餡はジューシーさというよりも、密度感が嬉しいタイプで、モチっカリっとした皮との組合せが美味しかったです。

味噌バター 700円
味噌バター 700円
 そして最後に、同行者がいただいた味噌バターですが、ちょっと味見させて貰ったところ、個人的には、麺以外は潔いくらいに懐かしの味噌ラーメンという感じでした。

 というわけで、ものすごく満足させていただきました。ごちそうさまです。

平成22年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 22
24 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ