たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道札幌市 立喰いそば・うどん すすきの

 北海道旅行も3日目を迎えた朝。宿でも朝食は食べられたのですが、食べずにその宿を出て向かったのが、札幌市営地下鉄すすきの駅1番出入口至近にある24時間営業のこちらのお店。個人的に立ち食いそば・うどん店が好きだし、宿からとても近かったからちょうど良いかと思ったのですが、加えてこのお店を運営しているのが、こちらも個人的にも好きなラーメン山岡家の丸千代山岡家というのにも興味をそそられた次第で。

 もっとも、丸千代山岡家が運営しているとは言っても立ち食いそば・うどん店なので、見たところ関連性は全くなし。かなりこぢんまりしたとしたカウンターのみのお店で、朝の6時半頃とあって先客はいませんでした。それで注文は食券製となっていて、その券売機は山岡家においてあるようなディスプレイ付きの大きなものではなく、立ち食い店によくあるような省スペースタイプのもの。で、何をいただこうか、同じ値段の肉そばとも迷った結果、やっぱり個人的定番が良いなとこちらの食券を購入し、カウンター内の店員さんに。それにしてもこの店員のお姉さんがとても愛想が良く、私の後に来た、夜の仕事上がりか飲み明かした後かわかりませんが、かなりご機嫌な若いお兄さんたちを、上手くあしらっていましたね。

天玉そば 520円
天玉そば 520円

 そんな中、私の天玉そばが登場。早速ツユからいってみたところ、黒っぽい見た目に違わぬガツンとした濃口醤油の風味とやや濃いめの塩気が。また甘さは控え目、ついでに出汁感も控え目という、なんとも立ち食い店らしい味わいが、個人的には好みのタイプですね。またソバは、これまた立ち食い店らしい袋に入った茹で麺。味や食感的にはそれほど主張が強くないタイプです。そして具のかき揚げは、タマネギとニンジンの他、グリーンピース、そして香ばしい殻付きの小エビが量的にわりと入るのが嬉しいところ。ちなみに(かき揚げの)食感は、最初はしなっこわいのですが、ツユとの馴染みは比較的良く、だからといって溶けずに最後まで存在感がありました。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、加えて王道の立ち食いそばという感じが個人的には良かったです。ごちそうさまでした。

令和元年9月訪問

北海道札幌市 北海道そば 蕎麦紀行 (JR札幌駅 改札内コンコース)

 特急ニセコ号で札幌駅に戻ってきたあとは、北海道旅行2日めの夕食。この日は軽く蕎麦でも思い、札幌駅構内にあるこちらのお店で。個人的に札幌駅構内のそば店といえば、ホームにある立ち食いの弁菜亭(札幌駅立売商会)しか知らなかったのですが、今回の旅に際して下調べしていた時、こちらのお店を発見。駅そばの類いは目がないので、今回の旅の途中、どこかで立ち寄れればと思っていたんですよね。

 それでこちらのお店。北海道キヨスクが運営されており、ウェブサイトを見たところ、北海道内産、それも幌加内産の蕎麦粉にこだわっているとのこと。ちなみにお店の営業時間は、午前10から午後10時までとなっています。また、こちらのお店は改札内にあるのですが、入場券(訪問した当時170円)で改札口を通って来店した場合、その分会計から値引きしてくれるというユニークなサービスもやっているみたいです。

 お店に入ると午後8時前という時間のせいか、先客は数名ほど。ちゃんと椅子があるカウンター席に座ってお品書きを見たところ、冷たい蕎麦も温かい蕎麦も一通り揃っていますが、ラインナップ的には立ち食い店とそば専門店との中間という感じ。ただ、どの品もうどんが無くそばのみというところにこだわりを感じます。更には、季節限定の品もいくつかありましたが、そんな中お願いしたのは、午後5時から注文可能な時間限定メニューの晩酌セット。もりそばにつまみ1品、そしてカップ酒がセットなにっており、つまみは板わさとなめこおろしから選べます。

晩酌セット 800円 + 海老天 200円
晩酌セットの板わさとカップ酒
晩酌セットのもりそばと追加の海老天

 それで注文して程なく、つまみとカップ酒が登場。写真のとおりつまみは板わさをチョイスしたのですが、添えられいたのは本ワサビではなく北海道名物の山ワサビというのが良いですね。またカップ酒は、増毛町の國稀というこちらも北海道の銘柄。キンキンに冷えていて、辛口の飲みやすい味わいがまた良かったです。

 それらを堪能していると、もりそばが登場。今回は注文時、海老天を追加したのですが、ちゃんと天つゆと大根おろしが(と、おろし生姜も)付いてきたのが嬉しいです。で、早速ソバをツユに浸けズルズルっと。前述のとおり幌加内産の蕎麦粉使用しているというソバは、密度感のあるソリッドな歯触り。この時期、一般的に蕎麦粉の香りは落ちるものなのですが、それでも、蕎麦自体の味や香りしっかり感じられました。またツユは、甘からず辛からずいうか、尖っていない万人向け的な味わい。それと、こちらにも山わさびが添えられているのが、また。実は山わさびで日本蕎麦を食べるのは初めて。本わさびと香りは違うものの、これはこれで合うものなのですね。

 というわけで美味しくいただいたのですが、味は勿論のこと、蕎麦粉や山わさび、そしてカップ酒に至るまで、北海道北海道しててとても良かったです。ごちそうさまでした。

令和元年9月訪問

東京都台東区 爽亭 (JR上野駅11・12番線ホーム)

 これからしばらくの間、8月の終わりから9月始めにかけて北海道を一人旅してきた時の記事が続きますが、その最初は、まだ北海道ではなく、羽田空港へ向かう途中、乗り換えた上野駅でいただいたこちらのお店を。

 上野駅には今どき希少となったNRE(日本レストランエンタプライズ)系以外の立ち食いそば・うどん店があるのですが、そのお店がJTS(ジャパン・トラベル・サービス)がやっている爽亭。以前(「爽亭」という屋号が付く前ですが)7・8番線ホームのお店はお伺いしたことがあったので、今回は常磐線が発着するホーム11・12番線ホームのお店にお伺いしてみました。

かき揚げ天玉そば 480円
かき揚げ天玉そば 480円

 それでいただいたのが、個人的定番としているこらの品。早速ツユからいってみたところ、まず出汁感というよりは濃口醤油がガツンときて、甘味もあるけどそれよりしょっぱさがくるタイプ。またソバは、プリっとした食感の茹で麺。そしてかき揚げは、玉ネギ、ニンジン、桜エビタイプの小エビとオーソドックス。色からしてよく揚がった、最初はガリっとする歯応えのものですが、ツユとの馴染みは良かったです。それと、何時の頃からかワカメが入るようになったんですね。

 というわけで美味しくいただいたというか、トラディショナルな駅そばっぽい味わいが、個人的には大変良かったです。ごちそうさまでした。

令和元年8月訪問

栃木県宇都宮市 讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺 宇都宮上戸祭店

 この日、家人から「セルフのうどん店食べたい」とピンポイントなリクエストがあったため、クルマで宇都宮北部の某店に向かったのですが、残念ながらこの日というかお盆中は休みのよう。しからばともう少し車を走らせて、こちらのお店まで。

 お昼時は、いつ、どこのお店に行っても混雑している印象の丸亀製麺さんですが、ここも駐車場に警備員さんが立つ盛況ぶり。ただ、ピークよりは若干早かったため、駐車も入店も注文もスムースに行きました。

旨辛肉つけうどん(大) 790円
旨辛肉つけうどん(大) 790円

 ただ、スムースに行きすぎて注文する際によく吟味せず、おしながきのとこに出ていた期間限定っぽいこちらの品に勢いで決定したという。で、早速席についてから、コシのあるウドンをつけ汁に浸けていってみたところ、ラー油の香りとピリ辛さが何とも。またウドン上に載った海苔との相性もいいですね。そして次に、牛肉とウドンを一緒につけ汁に浸けていってみたところ、柔らかい牛肉は、甘じょっぱい味付けがかなり濃いです。たしか、以前もこのテの、レジ近くで味付けされたてを載せるメニューをいただいた時に思ったのですが、ほんと、この濃さがかなりのインパクトを出しているかと。ただ、ツユの中には半熟卵が入っているので、割れば味がマイルドになり、甘じょっぱい牛肉との相性も言わずもがな。そばやうどん、そうめんなどの(かえし+出汁の)ツユ、特に冷たいタイプにラー油が合うことは近年広く知られてきたところですが、それをこのようなお店がやってしまうのですから、味的に間違いようがございませんね。

金華さば天 180円
金華さば天 180円

 こちらは、一緒にいただいた品。実はサバ好きなので、「金華さば」の札を見た時に、つい反射的に取ってしまったという。で、身が厚くふっくらしていて、かなりのジューシーさでした。

きつねうどん(並) 430円
きつねうどん(並) 430円
さつまいも天 110円
さつまいも天 110円

 こちらは、家人がいただいた品。それで家人の今回のリクエストの理由が、こういうお店でいただけるさつまいもの天ぷらだったとのことで、満足していた様子。更に、きつねうどんも美味しかったそうです。

 というわけで、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和元年8月訪問

栃木県矢板市 更科

 (この当時は)立秋を過ぎても暑い日が続いていたのですが(って、次の二十四節気である処暑を過ぎないと涼しくはなってこないんですがね。)、そんな時にいただきたくなったのが、個人的名称「冷たいアレ」こと冷し中華ではなく、この日は冷たいそば。それも、もりやざる、ひやし、ひたしではなく冷したぬき、というわけで、矢板市のこちらのお店まで。

冷したぬき(そば・大盛) 700円
冷したぬき(そば・大盛) 700円

 なのでいただくのはこれ一択。登場して早速、薬味のネギを散らしてツユを回しかけ、ワサビと共にいただけば、これが、もう!茹でてからしっかりと〆られたソバはコシがあって、そこにいい塩梅のツユと揚げたまのコクと香ばしさが加われば、もう!!特にこちらのお店のは、シャッキリしたソバの食感や、適度な甘味としっかりした塩気、そして熟成味もあるツユの味加減が、ほんと、好きな味なんですよね。またお麩の煮たのや青菜にかまぼこ、ナルトといった具も良いアクセントとなって、これもまた。あと、大盛りにするとお腹いっぱいになるのも良いです。そして最後は、丼にそば湯を注ぎ入れて堪能。

もり(そば) 450円
もり(そば) 450円

 こちらは、同行の家人がいただいていたもの。「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、美味しくいただきとても満足いたしました。ごちそうさまです。

令和元年8月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析