たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県足利市 来陽軒

 先週に続きこの週末も、珍しく足利市で所用があったので、先週同様その前にお昼がいただけるところをと思って探したところ、今度は、某地元情報系サイトに載っていたこちらを発見。目的はもちろんラーメンなのですが、お店自体は、昔から近所の人たちに愛されている中華料理店という感じですね。

来陽麺 750円
来陽麺 750円
 こちらのお店を見つけたサイトでラーメンの特集記事があるのですが、以前そちらに載っていたメニューがこちら。ベースは、中華料理店らしい澄んだ清湯のあっさりしたラーメンだと思うのですが、そこにふわふわな溶き卵と、何となめこが入っています。このなめこがまた絶妙というか、スープに優しいとろみを加え、風味も主張しすぎずさりとて埋没せずという感じ。これまた中華料理店らしい細麺を啜れば、溶き卵と共にそれが口の中に広がって、もう。また、具には他にも姫竹が入っているのですが、そのコリっとした食感がツルっとしたなめこと共にアクセントとなり、何とも楽しい食感になっています。元々、ある物で作ったまかないメニューなのだそうですが、使われている具材が、何とも良い感じでまとまっているように感じました。

シューマイ(3ケ) 350円
シューマイ(3ケ) 350円
 老舗っぽい中華料理店に行くと、個人的には、サイドメニューには餃子よりも焼売という気になってしまうのんですが、こちらにもありました。その焼売は、大振りで、中の餡が肉感的かつ適度にジューシー。ちなみに、注文するとデフォルトでソースと共に持ってきてくれました。個人的には、元々シューマイは醤油派だったのですが、以前北海道でソースと共にいただいて以来、結構好きな食べ方になってたりして。

チャーハン 600円
チャーハン 600円
 こちらは、同行者がいただいた物。一見するとピンクなのですが、その色はナルト(大変細かいので違う気も…。)でしょうか?
で、お味の方は、老舗の中華料理店の炒飯の味。また、付属のスープは、トロトロのワカメがメインのスープでした。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、そのお味は、お店の感じ同様、老舗の中華料理店という感じで、実に良かったですね。ごちそうさまです。

平成23年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ