たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

群馬県太田市 横浜家系 元町家

 個人的には元町家さんといえば、宇都宮にある家系ラーメンのお店なのですが、だいぶ前に群馬県のラーメン本を見ていたところ、太田市にも『元町家』が有ることを発見。調べてみると、修業先も同じお店のようですし、「究極の味」というキャッチコピーも一緒なので、ちょっと気になっていたところ、先日、太田市に用事が出来たので、ようやくお伺いすることが出来ました。

ラーメン 690円 + 半熟煮玉子 100円
ラーメン 690円 + 半熟煮玉子 100円
 いただいたのは、ラーメンに半熟煮卵を追加して。ちなみに、味の濃さ、油の量、麺の固さは特段指定しませんでした。まずはスープからいただくと、豚骨に鶏が加わった、家系のコッテリ味。タレの加減も丁度良いですね。で、どうして宇都宮の元町家と比較してしまうのですが、自然な甘味というか丸味を感じる所なんかは同じような方向性に感じられますが、濃度はこちらの方が軽めじゃないかと。でも、旨いスープだと思いますよ。また麺は、家系でお馴染みの中太ストレート麺。茹で加減も丁度良く、モチモチとした食感が良いですね。そして具は、トロトロ系チャーシューに、スープと大変良く合う香ばしい海苔、そしてこれまた良く合う九条ネギが何とも。また、追加の半熟煮玉子は、大半がゼリー状で中心部がトロっとした黄身の具合と、良く染みた味加減が何とも絶妙でした。それから、卓上にはニンニクの他、自家製豆板醤と、家系では珍しい魚粉が置いてあるのですが、どれも良く合いますね。(特に魚粉は、当たり前ですが結構キャラクターが変わって面白かったです。)

肉飯 250円
肉飯 250円
 こちらは、券売機で見かけてつい食券を購入してしまいました。で、中身というか実物は、肉系の炊き込みご飯。そのままでもしつこく感じないくらいの味が付いていて、ラーメンとも良く合うのですが、添えられたマヨネーズ(何と凶悪な!)を混ぜていただくと、もう。カロリーさえ気にしなければ、何とも良いサイドメニューですね。(もっとも、家系いただいている時点でカロリー云々言ってもアレですけど。)

そば 640円 + 半熟煮玉子 100円
そば 640円 + 半熟煮玉子 100円
 こちらは、同行者がいただいた物を例によって少々。スープは、動物系メインの旨味がググっとくる濃い目の醤油味で、表面に浮く背脂?のコクと、粗みじんに切られた玉葱の爽やかさが何とも良い感じに効いているんじゃないでしょうか。中くらいの太さの麺も、スープに良く合っていますね。そして具のメンマが、ちょっと懐かしい風味がするというか、個人的には好みの味付けでした。ちなみに、宇都宮の元町家さんにも中華そばがあり、それよりはちょっとワイルドに感じたのですが、こちらはこちらで美味しかったです。

 というわけで、宇都宮のお店との違いを楽しみつつ、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成24年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ