たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らー麺 彩羅 【閉店】

 宇都宮の国道4号線の、上り方向に走ると平松町交差点を過ぎて右にカーブするあたりに、ちょっと前にオープンしたお店がこちら。何でも、濃厚な鶏白湯スープがウリのお店だそうで、前を通る度に気になっていたのですが、今回、初めてお伺いすることが出来ました。

赤玉Panchiらー麺 892円 (ランチタイムで小ライスラービス)
赤玉Panchiらー麺 892円 (ランチタイムで小ライスラービス)
 で、今回いただいたのは、某栃ナビのラーメン特集でも取り上げられたこちらの品。ちなみに個人的には、「赤玉パンチ」と聞くと、確か小学生の時に売っていた、ジュースみたいに飲みやすい(実は当時の私でも美味しく飲めたりして)炭酸入りワインを連想するのですが、こちらはハードな激辛メニューとのこと。ちなみに、元々小鉢がサービスで付くうえ、ランチタイムには小ライス(or混ぜご飯)までサービスになるんですね。それで早速、真っ赤なスープからいただくと、まずは、唐辛子に加えて何か中華っぽい香りの後、トロッと濃度のある口当たりを感じ、その後、ハードな辛味がギュインと炸裂。その辛味の後には、濃厚な鶏白湯の旨味がそこはかとなく感じられ、ただ辛いだけのスープではなく、後を引く味というか。ちなみに、辛さの程度はそこそこ辛い物好きな自分的には美味しくいただけるギリギリのところでした。そして麺は、細目のストレートタイプ。お店の入口の所に製麺機が置いてあったので自家製麺だと思うのですが、加水率低めのコリっとした食感で、スープに濃度があるお陰で十分過ぎる程絡みます。それと具は、香ばしく炙られたチャーシューが良い感じ。またメンマは、贅沢に穂先メンマでした。それから、白ネギや青ネギを始めとする薬味系の野菜類がたっぷりと載っているところが良いというか、サービスの小鉢(今回はモヤシの和え物が入っていました)共々、辛くて濃厚な味の中で、とても良い息抜きになっていますね。それで麺をいただき終わった後は、付属の小ライスをスープに投入。これってかなりイケるというか、最初はとても辛く感じたスープですが、気が付くと小ライスと共に全て無くなっていました。

 というわけで、激辛な一杯を美味しく堪能させていただいたのですが、今度は、激辛ではないメニューで、こちらの鶏白湯スープを堪能してみたいなぁ、何て思ったりして。ごちそうさまでした。

平成24年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ