たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

石川県金沢市 白山茶屋

 前の記事のお店でだいぶ満足はしたのですが、まだ時間も早かった(外はまだまだ明るかったというか)ので、そのまま宿に帰ってしまうのもちょっと勿体ないという気持ちになってしまい、しからばもう1件とお伺いしたのがこちらのお店。こちらも事前に調べておいたお店なのですが、 駅前の都ホテルの地下にある、何ともシブいというか、観光客などあまり来なそうな外観のお店で、素面ならばちょっと敷居が高く感じたと思うのですが、この時は酔いも手伝ってすんなりと突入。丁度カウンターは満席で小上がりに通され、とりあえず酔い覚ましの生ビール(中ジョッキ520円)を1杯いただいた後、後述する地酒と共に色々といただきました。

刺身盛り合わせ(一人前) 950円
刺身盛り合わせ(一人前) 950円
 そういえば先ほどのお店で刺身いただいてなかったなぁ、などと思ってお願いしたのですが、これがまた驚いたというか。一見、ごく普通の盛り合わせなのですが、どの魚もすこぶる付きで美味でした。また、まろやかでコクのある刺身醤油も良かったです。

卵焼き 330円
卵焼き 330円
 見事な黄金色に焼き上がった卵焼きは、フワトロな食感。味付けは、あくまで酒の肴ということでか甘みが無く、そこがまた玉子とダシの味がより味わえて良かったというか。これは個人的にかなりのヒットでしたね。

ブリ大根煮 380円
ブリ大根煮 380円
 女将さんにお勧めされたのでいただいてみたのがこちら。ブリ大根は個人的にも大好物だったりするのですが、柔らかいブリの身や大根の、その中心部まで丁度良い加減の味がしっかりと染みていて、これは文句なしというか。

小魚塩ゆで酢物 330円
小魚塩ゆで酢物 330円
 個人的に一番印象に残ったのがこちらの一品。小魚は鰯でしょうかね?で、こういう酢の物は、個人的には初めていただいたのですが、締まった身に新鮮さを感じ、塩加減、お酢の加減が何とも良い塩梅で美味。これって、新鮮な魚でないと成り立たない料理だと思います。

菊姫 先一杯(まずいっぱい) 420円(グラス1杯あたり)
菊姫 先一杯(まずいっぱい) 420円(グラス1杯あたり)
菊姫 山廃純米 520円(グラス1杯あたり)
菊姫 山廃純米 520円(グラス1杯あたり)
 こちらのお酒は、白山市鶴来町の菊姫という銘柄の物が取りそろえてありました。で、まずは先一杯ですが、純米酒なのに名前のとおりスッと入る軽快な飲み口。生じゃなくこちらから入ってもよかったですね。そして次にいだいたのが、山廃純米。日本酒の味の表現でコシが強いという表現を使いますが、まさしくそんな感じで、旨味や酸味など色んな「味」が濃厚。後味もググっと力強く、それが後を引いて、ついお替わりしてしまいました。

カニ雑炊 350円
カニ雑炊 350円
 こちらは、同行者がいただいた物。例によって一口味見させてもらったところ、おだしと海苔の香りが、何とも食欲をそそり、上品な味付けが何とも。

 というわけで、小あがりでゆっくりと味わう事が出来たのですが、お酒も料理も大満足だったというか。(なので、先程あれだけいただいたにもかかわらず、こんなにも…。)ですが、コストパフォーマンスもとても良かったですし、是非ともまたいつかお伺いしてみたいお店ですね。ごちそうさまでした。

平成24年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ