たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

宮崎県宮崎市 辛麺屋 輪(りん)

 先日所用で旅行がてら宮崎に行った時にいただいた食べ物関係の第4弾は、前の記事の日南市からこの日の宿泊地である宮崎市内に戻って、当地名物の一つである地鶏を使った料理で一杯(で済んではいないんですけど)引っかけた後、〆にお伺いしたこちら。

 ところで宮崎県には、最初にいただいた『宮崎ラーメン』と言うべき物の他に、延岡市が発祥の『辛麺』というご当地ラーメンがあり、挽肉やニラ、溶き卵と、たっぷりの唐辛子が入った辛いスープに、そば粉を使った独特の食感の麺という特徴があるそうです。それでその辛麺をいただけるお店が宮崎市内にもいくつかあり、その中で今回お伺いしたのが、宮崎市内の繁華街にあるこちらのお店。飲み屋さんなんかがいくつも入ってるビルの結構奥まったところにあったので、ちょっと迷ってやっとお店を見つけ入ったのですが、店内には若い男女のグループが、見るからに辛そうな麺を、ごく当たり前のように啜っていました。

 それでこちらも席について早速注文なのですが、カウンター上に置かれたこちらのお店の注文方法が入ったクリアファイルを見ると、辛さ(レベル0~100まで出来るらしいです。お店のお勧めは8倍とのこと。また、レベルによって値段が変わります。)、サイズ(レギュラーかハーフか。)、麺の種類(デフォルトのそば粉を使った通称『こんにゃく麺』の他、中華麺、うどん、そしてご飯も可。)、トッピングの有無(無料の物と有料の物があります。)を選ぶようになっていて、とりあえずレギュラーサイズでトッピング無し、こんにゃく麺で、そして辛さは何も考えずというか何となくレベル15でお願いしてみました。

辛麺(レベル15) 1,000円
辛麺(レベル15) 1,000円
 丁度店内のTVでやっていた日本シリーズを見ながら待つ事少しで登場。まずは、唐辛子で真っ赤に染まったスープをいただくと、見た目通りの鋭い辛さ!ですが、使われているのが辛さ一辺倒の唐辛子ではないようで、上手に食べればさほど苦戦せずにいけるレベルです。また、唐辛子の他には、若干甘味の効いた動物系のあっさりしたベースのスープに、ニンニク(結構ゴロゴロ入っています)とニラの風味、そして、卵とじ状になった溶き卵のまろやかさという味の構成なのですが、個人的には一口いただいた瞬間、栃木県矢板市にあるやしおさんのタンタンメンの味を思い出したというか、似ていて驚いたというか。また麺は、最初に書いたとおりそば粉を使った独特のもので、韓国冷麺と同じらしいのですが、暖かい為か冷麺のゴムゴムした噛み切りにくい食感というよりも、通称のとおりコンニャクのような、歯応えはあるけど噛み切れる面白い食感です。

 というわけで、栃木から遠く離れた宮崎の地で、まさかの馴染みのある味に出会って正直驚いたのですが、それも含めて美味しくいただく事が出来ました。ごちそうさまです。

平成24年11月訪問


追伸
 いただいている時の辛さ的には平気だったのですが、これだけ大量の唐辛子をニンニクと共に摂取したものだから、夜中にやっぱり。嗚呼、またやっちまったよ…。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ