たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

宮崎県小林市 豊味うどん 中央店

 先日所用で旅がてら宮崎に行った時にいただいた食べ物関係の記事の第6弾にして最後は、前の記事のうどんをいただきつつ向かった旅の最終目的地というか所用先であった宮崎県小林市内でいただいたこちら。

 前の記事でもちょこっと触れたのですが、宮崎はうどんが有名というか、うどん文化が根強い地域で、中でも特に、釜揚げうどんが名物となっているようで。そしてその一番の特徴は、箸で掴むのが難しいほど柔らかい食感にあるそうです。で、その宮崎のうどんを来たからには是非ともいただいて帰りたいと思っていたのですが、ようやく旅の最後にその機会が出来ました。

 そのお店は、小林市の中心部?あたりにあり、お店の駐車場はありませんが、お店の隣には商店街共同駐車場があって、店内で無料の駐車券がいただけます。その駐車場にレンタカーを停め、その日の途中から降り出した雨の中をダッシュでお店へ。そして以下のものをお願いした後、無料サービスのお新香やだしがらから作ったと思われる佃煮(ちなみに、どれも自由に取ることが出来ます。)をつまみつつ待ちました。

釜揚げうどん 500円
釜揚げうどん 500円
 それで少々待った後に登場した、待望のこちら。早速うどんを温かいつゆに浸けようとしますが、事前に知っていたとおり、不用意に箸で掴もうとすると切れそうなほどの柔らかさ。それをそっと掴んでつゆの器へと入れてから啜れば、ふわっとした口当たりと喉越しが、もう。また色の濃いつゆは、見た目ほどほど味が濃くないというか、ちょうどいい塩梅。出汁は節系+昆布がメインだと思うのですが、個人的に慣れ親しんだ風味と若干違う気も(醤油のせいもあるんですかね?)して、かえしはやや甘味が効いているように感じました。そして途中から青ネギやおろしショウガ、天かすなどの薬味を適宜投入。ちなみに、卓上の唐辛子は七味ではなく一味なのですが、個人的には西日本のほうが一味率が高い気がするのですが。

牛めし 350円
牛めし 350円
 こちらは、いっしょにいただいたもの。見た目どおり牛丼なのですが、盛り的には、大手チェーン店の並盛りよりちょっと軽いくらいで、お味の方は、変に特徴的でもないというか間違いがない味。釜揚げうどんだけだと(その時かなり空腹だったこともあり)ちょっと物足りないと思ったのですが、こちらと一緒にいただくと丁度良かったです。ちなみに、前述の無料サービスのお新香の中には、紅ショウガもありますのでというか、個人的に、牛丼には紅ショウガ必須なもので嬉しかったです。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、特に釜揚げうどんはなかなかに特徴的で、今度また宮崎を訪れる機会が有れば、是非とも食べ歩きとかしてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成24年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ