たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 阿Q 大田原店

 個人的には、年に何度か、無性に食べたくなってしまう、というか、チャレンジしたくなってしまう、大田原の阿Qです。今回は、暮れも押し迫った12月29日に、その衝動に襲われたわけでして…。

 というわけで、同行者と共に野崎街道を北上してお店にお伺いし、午後1時頃だったのですがほぼ満席の店内でたまたま空いてたテーブルに座り、いざ注文。で、今回チャレンジするメニューは、前から気になっていた『ろじんめん』をば。魯迅(ろじん)と言えば、阿Q正伝の作者というくらいしか知識がない(しかも、この事はこちらのお品書きにも書いてありますし。)んですが、その魯迅に縁のあるメニューなんでしょうか?

ろじんめん 735円
ろじんめん 735円
 注文を済ませると、混んでいたにもかかわらずそれほど待たずに、っていうか、相変わらずのスピードで登場したろじんめんですが、お品書きの写真よりも、上に載った野菜が、すごくないですか?まずは一口、サラッとしたスープからいただくと、塩味のスープに野菜炒めの味が加わったお味は、味の濃いタンメンのような感じなのですが、そこに、ニンニクのパンチが、かなり効いてます。麺は、幅2cm以上はあろうかという平打ち麺で、ピロピロとした食感。具は、豚肉、小エビの動物性蛋白質の他、ホウレン草、人参、タマネギ、長ネギ、タケノコなど種類と量が豊富な野菜。その野菜の中で、今回、ものすごく手強かったのが、量もたっぷり入り、歯応えもハードな白菜。そして、その白菜を片づけていると、中から巨大なシイタケが出てきました。で、それらにも負けず、頑張って食べ進めていたんですが…。何て言うか、今回も、阿Qさんには、やられてしまいましたよ。ここのメニューって、どれも完食するにはキツいボリュームなんですが、特に、汁に入った麺類は、阿Qめん(小)を除けば、難易度高くないですかね?(その阿Qめん(小)にしたって、ふつうのラーメン店の大盛くらいありますが。)

チャーシューゴロゴロレタスチャーハン 840円
チャーシューゴロゴロレタスチャーハン 840円
 それと、同行者は、チャーシューゴロゴロレタスチャーハンという、ある意味ヘヴィなチョイス。こちらも濃いめの味と、コッテリとした食感を、十二分に味わえたようです。

 そんなわけで、ひさしぶりの大田原阿Qだったのですが、申し訳ない事に、今回は私も同行者も、二人揃って討ち死にしてしまいました。あと一歩、だったんですがねぇ…。ごちそうさまでした。

平成20年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ