たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

京都府久世郡久御山町 新福菜館 久御山店

 京都のラーメンには幾つか系統があって、それぞれに有名店があるみたいなんですが、今回お伺いしたのは、新横浜のラーメン博物館オープン時に入店していたという(不勉強で知りませんでした…。)新福菜館の支店、久御山店です。実は、先日所用で京都に行ったのですが、その用務先が宇治市だったので、そのついでに隣町にあるこちらのお店に寄らせていただいたんですがね。で、新福菜館は中華そばとヤキメシで有名とのことだったので、その両方をオーダーさせていただきました。

ヤキメシ 500円
ヤキメシ 500円
 オーダーして程なく、まず、ヤキメシから登場しましたが、ソレは見た目が、「く、黒い!」ご飯をソースで炒めたような色ですが、漂ってくるのは、とても香ばしい醤油の焦げた香り。早速いただいてみると、香ばしい香りが更に強く感じられ、また、醤油のアミノ酸的な旨味が口の中に広がりました。でも、見た目ほど塩分が強いわけではなく、醤油のカドも感じられません。いやぁ、これは旨いですよ。

中華そば 600円
中華そば 600円
 ヤキメシに夢中になっていると、中華そばが登場。こちらの中華そばが真っ黒なのは事前に知っていたましたし、中華そばの前に登場したヤキメシである程度想像はついていましたが、実物を目の当たりにすると、やっぱり、「く、黒い!!」でも、ヤキメシ同様塩分が強いわけではなく、こちらは醤油の旨味に加え、スープの旨味や、具のチャーシューの風味なども感じられ、脂の適度なコッテリ感もあります。麺は若干柔らかめの中太ストレートで、このスープとよく合っていますね。それから、薄切りのチャーシューが結構たっぷりと入りますが、これがまた適度な歯応えと、焼いたお肉のような食感や風味があって良いですね。そして更に、九条ネギとも相まって…。いやぁ、これも旨いです。

 というわけで、こちらのラーメン、堪能させて頂きましたが、機会があれば、是非とも本店にも行ってみたくなりましたねぇ。ごちそうさまでした。

平成20年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ