たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都杉並区 永福町大勝軒

 個人的に、昨年からライブハウス目当てで何度かお伺いしている下北沢なのですが、今回もあるライブに行こうと事前に色々と調べていたところ、一つ発見が。前々から是非とも一度お伺いしたいと思っていた東京の超有名店『永福町大勝軒』のある永福町って、京王井の頭線だと下北沢から4駅しか離れていないんですね。

 というわけで今回、湘南新宿ラインで新宿に降り立った後、いつもの小田急線ではなく、京王線にライドオン。程なくして明大前で井の頭線に乗り換えれば、もうお隣が永福町。そして駅を出ると、道の向かいに、今まで何度も写真で見たことがあるお店がありました。

チャーシューメン 1290円 + 生玉子 50円
チャーシューメン 1290円 + 生玉子 50円
 それでいただいたのが、折角なので一番お高い品であるチャーシューメン。待つこと暫しで登場したのですが、まずは丼の大きさに軽く驚きます。こちらのラーメンはボリューミーだと予備知識はあったのですが、実際に目の当たりにすると予想以上。完食できるか少々不安になりながらも、早速熱々のスープを一口啜れば、これがまた!煮干しの旨味とそれを支える動物系の旨味がしっかりと感じられますが、無理に強調したようなあざとい感じないのがとても良いですね。そこに表面を覆うラードがコクを加えて、更には季節柄でしょうか?スープに忍ばせた柚子の小片がとても良い香りを。また麺は、何ともたおやかでおだやかな食感。絶対的な量は多いはずなのに、気がつけばスルスル~っと胃袋に収まってしまいます。そして具ですが、チャーシューは最初こそわりと歯応えを感じたものの、熱々のスープに浸るうちに、これが何とも良い感じに。あと細めのメンマはコリコリ感がアクセント。で、どちらも極めて真っ当な感じというか。それから、こちらのお店の名物というか特徴的な生卵は、スープを少量入れて溶いてから麺を浸けていただいたところ、麺にしっかりと味が染みていたためか良い感じに味に変化を与えてくれ、更にはチャーシューも一緒に浸けていただけば、これはもう、たまらないものがあったというか。

 というわけで、気が付けば完食そしてスープまで飲み干してしまっていたのですが、長年の憧れを差し引いたとしても、とても美味しくいただきました。また一見高く感じるお値段も、実際に味わってみれば、きちんとコストや手間暇を惜しまず作られた一杯ということを感じることができ、納得してしまいます。なので、是非とも機会を作って、再びお伺いしてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成26年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ