たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 手打ラーメン やしお

 (一般的なものとはちょっと違う)タンタンメンで有名なこちらのお店。私自身も好きなので、大体いつもそればかりいただいてきたのですが、この日ふと、以前こちらで別のお客さんが味噌ラーメンを美味しそうに食べていたのを思い出し、初めていただいてみようかと。ですが何故か注文する際、お品書きでタンタンメンと同じ「辛いメニュー」にカテゴライズされている「ねぎみそらーめん」と言ってしまったんですが。(もっとも、こちらも初めていただきますが。)

ねぎみそらーめん 750円
ねぎみそらーめん 750円
 そんな紆余曲折を経たのですが、相変わらずマッハな調理を経て目の前に登場したねぎみそらーめん。で、これがもう、見た目からして思わず笑っちゃうほど豪快。ラーメンの上には豆板醤で和えたとおぼしき、斜め切りされた白ネギがドサっと載っているのですが、これがかなり分厚いというか。それで早速、まずはネギを混ぜずにスープをいけば、まろやかで甘味すら感じさせる味わい。ですが、上に載ったネギは、それだけいただいてみると、豆板醤の辛さが先に来て、やがてネギの辛味が口に残るという、まさしく「辛いメニュー」にふさわしい味わいです。また、ネギが分厚いので、スープに沈めて熱を入れようとしても、最後までシャキッと感が残る(=辛味も残る)のですが、それらに、こちらのお店ではお馴染みの縮れ麺や、具のモヤシや挽肉が絡み合って、いただいているうちに、何だかクセになってくるんですよね。

 というわけで、初めていただいた品にもかかわらず、深遠なる「やしお」ワールドへと連れて行かれてしまう、そんな一品でございました。ごちそうさまです。

平成26年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ