たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らー麺 つるや

 お昼時に、お店の前をクルマで通りかかったら、珍しくも、お店の目の前の駐車場に空きが!先日お伺いしたばかりだったのですが、こんなチャンスそうそうあるものではないので、急いで引き返し、そこにクルマをイン! 店内に入ると丁度4人掛けのテーブルが空いており、食券を買った後、そこに案内されました。そして席について食券を出す頃にはお客さんが続々と現れて、ちょっとした行列が。いやぁ、タイミング、良かったなぁ。もっとも、先日お伺いするまでは、こちらのお店には何度となく臨休で振られていたんですが。

つるやらー麺 900円
つるやらー麺 900円
 それで今回は、先日お伺いした時はつるやつけ麺をいただいたので、つるやらー麺をば。調理場側のお客さんは座れないカウンター?に置かれた割りスープの保温器から、つけ麺のスープ割りを注文される度に漂ってくる、何とも香ばしくていい香りを嗅ぎながら待つこと暫しで、つるやらー麺が登場。まず、既に表面に膜が張ったスープを一口いただいてみると、「濃い!」 先日のつけ麺も凄かったけど、らー麺も、かなりのストロングテイスト!むしろ、先日のつけ麺に加わっていた甘みや酸味がない分、ゴリゴリと素材の味が迫って来るというか。豚骨も、魚介も、ある意味暴力的な濃さなんですが、でも、むやみやたらに濃いというわけではなく、大量の素材を用いて、キッチリと造り込まれた濃さという感じがします。また、それに合わせられる麺は、若干硬めのストレート麺。つけ麺の麺よりは細いんですが、存在感はなかなか。それと『つるや』を冠しているので3枚乗るチャーシューは肉々しく、煮玉子もスープに負けない濃厚さで、メンマも相変わらず絶妙。

 というわけで、らー麺も、ものすごく強力でした。こちらに来るお客さんの殆どがつけ麺が目当てだと思いますが、らー麺も、なかなかに凄かったです。ごちそうさまでした。

平成20年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ