たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

千葉県市原市 中華そば 伊達屋 【閉店】

千葉県市原市 中華そば 伊達屋 【閉店】

 今回所用で来た千葉県市原市に、地鶏ラーメン研究会プロデュースのお店があると聞き、お伺いすることに。ちなみに、地鶏ラーメン研究会の総本山ともいえる阿波屋さんは栃木県内にあるのですが、実はまだお伺いしたことがないんですけどね。

 で、今回お伺いする伊達屋さんですが、そのお店は、通り沿いのスーパーの敷地内のかなり奥まった所にあり、ナビの地図が無ければちょっと迷ってしまいそうだったのですが、お店の前に沢山掲げられている、地鶏ラーメン研究会の目印ともいえる天然木製の看板のおかげもあり無事に発見。入店すると店内にも天然木製のテーブル(これも地鶏ラーメン研究会の目印らしいです)があり、そのテーブルに座ってこれまた天然木製のお品書きが多数掲げられていました。

塩バターラーメン 700円 + ねぎチャーシュウ丼 200円
塩バターラーメン 700円 + ねぎチャーシュウ丼 200円
 そんな中選んだのが、お薦めされていた塩バターラーメンに、ねぎチャーシュウ丼を付けて。それでまずは、塩バターラーメンなのですが、スープを、バターを混ぜずにいただくと、最初の一口は、鶏というより魚介系の風味にちょっとビックリ。てっきり(魚介系を使いつつも)地鶏全開のスープだと思いこんでいたので、以外、というか、フェイント気味に持って行かれました。ただ、二口目からは、鶏の風味や旨味、コクがジワジワと感じられ、まろやかでなかなかに美味しいスープですね。ただ、まろやかですが塩気は明確に効かされていて、後述するバターを混ぜても味がボケないというか。また麺は、地鶏の卵を使った自家製という、中細のツルっとした若干柔らかめのストレート麺。味や食感が、スープとよくマッチしています。そして具は、チャーシュウ、メンマ、ネギ、三つ葉、そしてバター。中でもまずはバターですが、こちらのお店のこだわりの品だそうで、確かに、かなりクリーミーでリッチな風味。あと三つ葉はちょっとした風味のアクセントになっていて面白いですね。それとチャーシュウもこだわりの品だそうで、箸でつまもうとするとホロホロと崩れるほど柔らかく、あっさりとしつつもお肉の味が充分に感じられました。それから、そのあっさりとしたチャーシュウを刻んでネギとタレで和えられた物が載るねぎチャーシュウ丼もなかなか。ゴマ油の香りが食欲をそそり、甘さを抑えた(個人的には好みの味です)のタレがご飯とよく合って、旨いですなぁ。

伊達屋特製ロースカレーセット 800円
伊達屋特製ロースカレーセット 800円
 こちらは、同行者がいただいたもの。味見させてもらったのですが、中華そばのスープは、醤油の風味が加わったせいか、わかりやすいスタンダードな美味しさ。また私がいただいた塩バターラーメン同様、塩気は明確に効かされていたので、これは、こちらのお店の個性のようですね。そしてカレーは、まろやかですがスパイシーな、なかなかしっかりとしたルーに、肉代わりのチャーシューが面白い味でした。

 というわけで、どれも美味しかったです。ごちそうさまでした。

平成20年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ