たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都北区 ラーメン 二郎 赤羽店 【閉店】

 仕事がらみの研修で戸田に滞在5日の間にいただいた食べ物の第3弾(ちなみに第1弾第2弾第4弾第5弾。)。

 それで昨日は、以前二郎赤羽店だったお店にお伺いしたのですが、実は今年の1月に、以前二郎松戸駅前店の店主さんだった方が、新たにオープンさせた二郎赤羽店へお伺いしようかと。というわけで滞在3日目、昨日に続いて仕事が終わるやいなや、昨日も乗せて貰った送迎バス~JR埼京線と乗り継いで赤羽駅へ向かい、北側の改札口から東口へ出て、赤羽一番街という商店街に入ったところにあるこちらへ到着。開店時間からちょっとだけ経ってはいましたが、幸いなことに全く並ばずに食券購入して店員のオバちゃん指定の席へ着席。目の前では強面の店主さんがタコ糸で縛った豚や手でパキパキと折った白ネギをスープの寸胴にワイルドに投入していました。で、こちらのお店というか旧松戸駅前店の頃のローカルルールは頭に入っていたので早めのトッピングコールでも焦らずに「(ニンニク)お願いします」(それ以外は自重しました)と丁寧に返し、更に待つこと暫しでご対面となりました。

小豚ラーメン(ニンニク) 750円
小豚ラーメン(ニンニク) 750円
 スープはそこそこ乳化して当然コッテリ感もあるのですが、そこに甘みとカネシ醤油の効かせ具合が、店主さんの風貌に反して(失礼!)結構ジェントルというかまとまっているように感じました。麺は、これまでいただいた二郎系の中ではあまり経験のない、グミグミとした独特の食感の物。ですが、この一杯の中では、スープや後述するヤサイや豚と調和して、とてもバランスが取れている気がします。シャキッとした歯ごたえを残した野菜は、ノーコールだとそれなりの量で一安心。それと豚が、ホロホロムニムニフカフカといった感じの食感で、個人的にはアタリを引いたというか、豚増しにして良かったなぁ、なんて。

 というわけで、とても美味しくいただいたのですが、いただいている時、昨日に較べ量が少なめだったこともあり「今日は勝った!」などとと思っていたところ、完食まであと数口のところで脳から危険信号が。でも、無視してスープまでほぼ(たまたま大粒に刻まれたニンニク2片以外は)完食したのですが、食後は暫く幸福な苦しさが続きました。(そしでも昨日よりはダメージ少なかったですが。)それにしも、食べ終わって丼を上げ、店主さんに「ごちそうまでした」と言った時の店主さんお顔が、何とも格好良かったです。

 やっぱり二郎って良いですね。ごちそうさまでした。

平成24年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ