たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

旅のメモ 京成電鉄と船橋競馬場と日々ロックフェスティバルVol.3編 【平成25年9月27日(金)】

 これまでの記事のとおり、9月に日帰りで東京・千葉方面に行ってきたのですが、タイトルにあるように、元々は、新宿LOFTというライブハウスで行われた『日々ロックフェスティバルVol.3』というイベントに行くための上京でした。それを当日丸一日休めるようになったものだから、色々と盛りすぎたというか。



 冒頭にも書いたとおり、今回の上京はもともと新宿LOFTで行われる『日々ロックフェスティバルVol.3』というイベントに行くためのもの。で、その日々ロックフェスなのですが、今、というか数年前に週刊ヤングジャンプに連載が開始された時から個人的にハマっている漫画に『日々ロック』というのがあるのですが、最初はその劇中歌をプロ・アマのアーティストさんが作曲、編曲して演奏するみたいなフェスだったかと。(現在はそういう縛りは無くなったみたいですが。)で、行きたいなと思いつつも、オッサンが東京のライブハウスなんてと敷居が高く感じていたところ、今回はその日々ロックという漫画を通じて知った『細身のシャイボーイ』という個人的に応援しているアーティストさんが出演されるというので、酔っ払った勢いでチケットを購入。そうなればもう、行くしかないというか。で、折角一日休みを取って上京するのだからと、ついでに個人的にやりたい事を色々調べたところ、まず船橋競馬場が開催日だということが判り、更には船橋競馬場に行くために乗る京成電鉄にも乗ってみたい車両・列車が走っていて、時刻を調べたら頑張ればそれも乗れそうということが判りました。

【乗車した普通列車】
乗車した普通列車
【小金井駅での増結】
小金井での増結
 というわけで、平成25年9月27日。JR宇都宮線(蒲須坂以北の)始発、普通列車に乗車。車両はE211系の5両編成。で、この列車、途中の小金井駅で増結作業を行うのですが、あらかじめホームに停まっている10両編成に、こちらの列車が連結するんですね。途中での増結なんて久しぶりに体験するのですが、結構勢い良く突っ込んで衝撃もわりとあったので驚いたというか。で、ここで連結されたグリーン車に移り、しばし待ったりしようと思ったのですが、空いていたのは古河駅や栗橋駅辺りまでで、東鷲宮駅から先は停まるごとに乗ってきて、程なく満席に。そして多少は減ったものの相変わらず混んだまま、定刻の8:20に上野駅に到着しました。

【JR上野駅広小路口】
JR上野駅広小路口
 この後は、これまで記事にしたとおり、立ち食いそばの朝食をいただき京成電鉄のシティライナーに乗って、船橋競馬場でうどんなんかをいただきながら、夕方近くまで勝負(その1その2その3)。ここまででかなり満足だったのですが、これからが本番というか、お楽しみはまだまだこれから。競馬場で飲んだ焼酎で気持ちよくなりつつ新宿へ向かうことに。

【京成電鉄船橋競馬場前駅】
京成電鉄船橋競馬場前駅
【乗車した京成電鉄の普通列車】
乗車した京成電鉄の普通列車
【JR船橋駅の列車案内】
JR船橋駅の列車案内
 まずは船橋競馬場前駅から16:57発の京成電鉄普通列車に乗って2駅の京成船橋駅で下車。徒歩でJR船橋駅に向かい、そこから17:07発のJR総武線各駅停車に乗車。途中から車内はかなり混雑してきました。そして御茶ノ水駅で17:41発の中央線快速列車に乗り換え、17:51に新宿駅に到着。金曜日の宵の口とあって混雑する歌舞伎町を、「DVDいかがっすか」攻撃を躱しつつ進んで、18:10頃新宿LOFT前に到着しました。

【新宿LOFT前】
新宿LOFT前
【新宿LOFTに入る階段に掲げられた看板】新宿LOFTに入る階段に掲げられた看板
 そこには、既に入場待ちする若者達が沢山。パッと見、自分よりも年取っている人がいなくて落ち着かないというか。ちなみに、ライブハウスに来るのは7,8年ぶりで、しかも新宿LOFTのような東京の有名ライブハウスに来るのは初めてなので、待っている間に落ち着かなさが更に加速するというか。そんな中、18:20頃から入場開始。自分の持っている前売り券の整理番号は130番とわりと後ろの方なので、18:30過ぎに入場となりました。で、ライブハウスの中は始まる前からかなりの熱気。待っている間に判っていたことですが、お客さんは99%以上若い人たちで、少々身の置き場に困るというか。とりあえずビールでのどを潤し、一番後ろあたりに陣取りました。

 で、日々ロックフェスVol.3なのですが、19:00頃、漫画作者の榎屋克優先生の開会宣言と共に開始。お目当ての細身のシャイボーイは転換中に別室で3回も出るらしいです。それで、このライブ、ものすごく楽しかったというか。まずはお目当ての細身のシャイボーイですが、これまでもYouTubeでライブ映像は見ていましたが、(何事もそうですが)実際に生で見ると歌もMCも最高。ステージは大盛り上がりでした。さすがは第1回日々ロックフェスティバルMVPですねぇ。(個人的には、出場ならなかった日々ロックフェスVol.2当日、榎屋克優先生と路上でゲリラライブの時に歌った「ロックバンド組もうぜ」が聞けたのがとても嬉しかった。)それ以外の観た中で一番強く印象に残ったのが、3ピースバンドの『忘れらんねえよ』。初めてその演奏を聴いたのですが、ものすごく訴えてくるものがあったというか、「バンドワゴン」でグっと掴まれ、「夜間飛行」「この高鳴りをなんと呼ぶ」でグググっと持って行かれたなぁ。(おかげで後日、出ているCDまとめ買いして、新譜の予約までしちゃいました。)

【停車中のなすの281号】
停車中のなすの281号
【E6系の車内】
E6系の車内
 と、誠に楽しい日々ロックフェスだったのですが、帰りの下り最終新幹線の時間が気になりだしたというか、この日は自宅に帰る予定だったので、最後まで観ていると確実に間に合わなくなりそうな塩梅。なので、誠に申し訳なく、勿体なかったのですが、涙を呑んで途中で退出。中央線快速に飛び乗って東京駅へ。そして間に合った最終の新幹線で那須塩原へ。ちなみにその新幹線なすの281号ですが、はやぶさ用E5系とスーパーこまち用E6系の併設編成でした。E5系は6月の大井競馬場の帰りに乗ったので、今回は初めてのE6系に乗車。「椅子が固いなぁ」と思っているうちに、終点の那須塩原に到着しました。

 そこからは、迎えに来て貰った相方の車で帰ったのですが、今日は一日、一人で遊ばせてくれて、相方には本当に感謝です。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 15
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ