たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 麺屋 たか 【移転前店舗】

 矢板から那須塩原を通って大田原へ向かう道の途中に、ちょっと前にオープンして以来、瞬く間に行列のできるお店になったのがこちら。 個人的にも、自宅から近い事もあり、オープン当初から気になっていたのですが、なかなかタイミングが合わずに今回が初めてのお伺いとなりました。

 土曜日の開店15分位前にお店に着いたところ既に数人の待ちで、開店までは10人以上の行列が。やがて時間となりお店に入ったのですが、注文は並んだ順に、という訳ではないようですね。そして注文して程なく、小皿に入った「本日のスープ」が配られたのですが、ひと嘗めしたところ、かなり濃厚な白湯豚骨という感じで。

つけ麺(濃厚魚介トリプルスープ・つる麺・300g) 690円
つけ麺(濃厚魚介トリプルスープ・つる麺・300g) 690円
 で、いただいたのは、つけ麺を、このような組み合わせで。ちなみに、自家製麺される麺は7種類(デフォルトが4種類でこの日の特別麺が3種類ありました)、無化調を謳う付け汁は3種類(濃厚魚介トリプルスープの他、赤鬼(チゲ辛旨)スープ、豆乳ごまスープ)から選べ、更には、麺の量は300g、400g、500g全て同料金。あと、つけ麺のスープ1杯までおかわり無料という、何というか、ものすごいサービス精神でぐいぐいと迫ってきますね。やがて、待つ事暫しで登場したそのつけ麺。 座ったカウンターの広さに対してかなり大きなお皿に入った麺は、この日の特別麺の中から「つるっとしこしこ食感」という『つる麺』をチョイス。結構太めで密度感があり、硬質な弾力が感じられる歯応えですね。付け汁は、最初に味見した濃厚豚骨白湯に、魚介系がたっぷりと効かされ、更には、ベジポタ系も合わさった物。最近採用しているところが多い石焼き系の容器に入っているので最後まで熱々でいただけるのですが、受け皿が小さいので、容器を動かそうとする時は要注意です。具は、別皿に盛られたチャーシュー、味玉、メンマなのですが、どれもそつなく作られたという印象の物。あと薬味系のタマネギとカイワレは、濃厚な付け汁によく合っていますね。そして、レモンやカレーフレーク、また卓上に置かれた辛ニラなどで途中から味を変えられるというのも親切だと思いました。

煮干しらー麺(150g) 500円
煮干しらー麺(150g) 500円
 こちらは、同行者がいただいた物を例によって。昆布といわしを16時間かけて煮出すというスープは、そこに更に魚粉が浮かされていて、煮干しの風味と旨味を全面アピールという感じ。更には表面の多めの油のお陰でコッテリ感もかなりあります。麺は、このメニューだと自動的に全粒粉入れ縮れ細麺になるようなのですが、細麺と謳う割には結構な太さで存在感があり、強力なスープと合っているんじゃないでしょうか。

 というわけで、注文の時にも感じたのですが、同行者のを含め実際にいただいてみても、最近のトレンドというか良かれと思った物はどんどんと取り入れ、更には店主さんのこだわりも入っている、何ともサービス精神旺盛で、ものすごく雄弁な一品だと感じました。これらなら、あっという間に行列店になったのも判る気がしますね。ごちそうさまでした。

平成24年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ