たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 華昌

 このブログのとおり、昔からラーメンが好きで、そのうち色々なお店に行くようになった(といってもマニアの方々に較べれば全然ですが。)のですが、そんな中、精神的にハードルが高く感じるのが、地元で昔から愛されているような町の中華屋さんといった感じのお店。で、こちらのお店も、地元の方から「美味しいよ」と聞いていたにもかかわらず、なかなか足が向かなかった次第でして。ですがこの日は、同行者共々何となくお伺いしてみようというかんじになり訪問。土曜日のお昼少し前といった時間帯だったのですが、良い感じに年を経たという雰囲気の店内は家族連れやらガテン系の皆さんやらで席がさらっと埋まっている状態。ですが、小上がりのテーブルが1つ空いていたのでそこへ座ることができました。

半チャンラーメン 800円
半チャンラーメン 800円
 そこでいただいたのが、こちらのセット。個人的には半チャーハンって、有るととっても嬉しくなったりして。で、まずはラーメンなのですが、スープを一口啜ると、何ともホッとする味というか。動物系の旨味がメインに香味野菜が見え隠れするというオーソドックスな清湯でしょうか?そこに加わる醤油だれも決してしつこくなく良い感じです。そこに合わせる麺は、結構太く感じる縮れ麺。個人的に、こういったスープには細縮れ麺と勝手にイメージしてしまうのですが、これはこれで合っているというか、若干柔らかめのチュルチュルっとした啜り心地が好み。そして具ですが、珍しく感じた長方形のチャーシューはしっかりとした歯応えと極めてあっさりしたお味で、細目のメンマはコリコリ系です。あとチャーハンは卵にチャーシューとオーソドックス系ですが、しっかりと火が入った感じと、僅かなしっとり具合が良かったです。

餃子(5個) 400円
餃子(5個) 400円
 こちらは、一緒にいただいたもの。サイズは大ぶりで、三日月のように細長い形状がちょつと珍しく感じました。で、皮は厚めでしっとりとしていますが、焼き目の部分はカリッと。そして中の餡はジューシーで、結構パンチが効いた味というか。

みそつけ麺 650円
みそつけ麺 650円
 こちらは、同行者がいただいたものを例によって。一見すると、野菜炒め系味噌ラーメンとスープと麺(ちゃんと水で締められてます)を分離したような感じで、実際に付け汁はそのままでもいける味の濃さなのですが、追加用?の味噌だれを加えるとグっとつけ麺らしい味の濃さに。それにしても、珍しい構成というか、こういうスタイルのつけ麺はあまり見かけず面白く感じました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、その味もお店の見た目同様に、地元で昔から愛されているんだなぁ、という印象。お伺いする精神的ハードルは高かったけど、いざいただけば、何ともほっこりしたというか。ごちそうさまです。

平成25年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ