たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岩手県盛岡市 白龍(ぱいろん) 桜山分店

 前の記事であげた盛岡城を堪能した後、盛岡でちょっと遅いお昼を食べてから帰ることになったのですが、同行者のリクエストにより、盛岡三大麺とよばれるうちの一つであるじゃじゃ麺をいただくことに。で、お店のチョイスというか探すのも同行者にお願いしたところ、盛岡城というかお城に来る時にクルマを停めた駐車場のすぐ近くに、じゃじゃ麺の元祖と言われる白龍(ぱいろん)を発見。ならば是非ともそちらでいただこうと思ったのですが、本店と分店が近すぎて地図だとよくわからず、結局は分店にお伺いすることになりました。でもあとで調べてみたところ、本店はこちにの2軒隣にあったのですが、この時はそのままこちらでいただくことに。

 それで席についてお品書きを見ると、有名なじゃじゃめんの他にろーすーめんというのがあり、それはそれで気になったのですが、とりあえず今回はノーマルのじゃじゃめんの中(100円違いで大中小と3種類のサイズがありました)をお願い。途中待っている間に修学旅行っぽい団体さんがご来店し、そのおかげで席を移ることに。

 じゃじゃめん(中) 600円
じゃじゃめん(中)
 そうこうしているうちに登場したこちらのじゃじゃ麺。本来は手渡されたそれに、好みに応じて卓上のラー油とお酢、そしておろしニンニクという薬味類をよく混ぜてからいただくのですが、デフォルトの味を知りたかったので、とりあえず麺と肉味噌、キュウリだけを混ぜ、皿に載ったおろし生姜を含めた薬味類は後から都度投入(というか混入)ということで。それでまずは1口啜ると、熱々の柔らかい麺というか平べったいうどんにコクのある肉味噌が絡んで、これはこれで良いですね。で、そこに薬味類を加えれば、味にそれぞれのパンチが加わりさらにグレードアップ。この4種類の薬味は、どれも抜群に合いますね。

ちいたんたん 50円
ちいたんたん
 麺をいただいた後は、お約束のチータンタンを。卓上の生卵を器に割り入れてほぐした後、カウンター内の店員さんに。そうすると少量の肉味噌を足した後、スープ(お湯?)をが注がれて戻ってきました。そこに適宜卓上の調味料や薬味類を投入していただくのですが、なんていうか、アッサリしつつも面白い味だったというか。

じゃじゃめん(小) 500円
じゃじゃめん(小)

 こちらは、同行者がいただいたもの。ちなみに同行者はじゃじゃ麺初体験だったので、いろいろと驚いていたというか。(ジャージャー麺のようなものを想像していたらしいです。)

 というわけで美味しくいただいたのですが、実は、個人的にじゃじゃ麺というものをいただくのが二度目ということもあり、その美味しさを上手く表現できないというか。なので、いつか是非ともまた盛岡に来て、色々と食べ歩いてみたいです。ごちそうさまでした。

平成25年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ