たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 ラーメン専門店 E.Y 竹末

 最近すっかり有名店というか人気店となった、喜連川の竹末さんです。この日も、平日(4月3日[金])の午前11時半過ぎにお伺いしたのですが、店内はすでにほぼ満席で、遠方からの食べ歩きと思われる団体さんと相席になりました。(注:こちらのお店は基本的に相席になります。)で、今回いただいたのは、最近メニューに加わったらしい、二代目KURO(クロ)です。

二代目KURO(クロ)中華そば 800円
二代目KURO(クロ)中華そば 800円
 その二代目KUROですが、黄金色に輝く筈の二代目(鶏白湯)スープの表面には、塗りつぶしたように一面の黒い液体が。そして少量の白い液体も浮いています。香りからすると、黒い液体はマー油のようですね。まずは、敢えて、マー油をあまり混ぜずにいただいてみると、ディープローストされたストロングなマー油の、香ばしい風味とビターなテイストが、ガツーンと来ました。しからば今度は良く混ぜていただくと、濃厚な二代目スープとストロングなマー油がよく合い、また、スープ表面の白い液体は生クリームのようで、これがまろやかさを演出しているようです。そして、そこに薬味の刻み生タマネギの味と香りが加わって、なんとも絶妙な味。麺は、加水率低めっぽい堅めの食感の、細めのストレート麺。例によって50円増しで太麺に替えられますが、そちらでも美味しそう。具のチャーシューも相変わらず美味しいし、青菜など他の具も絶妙のアシスト具合です。

 というわけで、今回もロックなラーメンを、ものすごく堪能させていただきました。ところで、永ちゃんで『黒』といえば、個人的には「黒く塗りつぶせ」を連想してしまいます。その中で、永ちゃんが黒く塗りつぶそうとしたのは、「シャクなこの世界」や「シャクな恋の夢」、そして、「シャクな金持ち共」や「古い夢見る奴ら」たったのですが、こちらの黒く塗りつぶされたラーメンは、とっても美味しかったなぁ。ごちそうさまでした。

平成21年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析