たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 大吟醸味噌らーめん 丸髙屋 総本店

 こちらは以前別のお店だったのですが、ちょっと前に改装してると思ったら、店名が那須塩原市でもお見かけしていた「丸髙屋」、しかも最後発のこちらが総本店となっていて驚いたというか。で、この日、近くに用事があったので、そのついでに相方とお伺いしてみたところ、午前11時半の開店よりも若干早くお店に到着した際、行列こそ出来ていなかったのですが、数台のクルマが開店待ちをしているという盛況ぶり。やがて時間となり、続々とお客さんが入店していきますが、迎える店員さんも元気ですね。

極辛野菜味噌らーめん 880円(税別)
極辛野菜味噌らーめん 880円(税別)
 その元気の良い店員さんに注文したのがこちらの品。辛いものがいただきたい気分だったのでこれにしたのですが、「極辛」だけあって、全体的に粉唐辛子がちりばめられた見た目的にも凶暴そう。ですが、まずは表面に浮く唐辛子粉をよく混ぜてからスープをいただくと、香りは唐辛子ビンビンにもかかわらず、個人的な感覚では意外と辛くなかったというか。(ただ、辛味の感じ方については個人差も大きいし、自分自身の体調による感じ方の違いも結構あるので…。)それより、明確な甘味を感じる味噌ダレや、油、そして野菜の味が相まって、見た目のわりには全然いただきやすい感じがします。もっとも、最初は辛くなくても、いただいている間に唐辛子の辛味は口の中に蓄積していきますし、汗もダラダラ吹き出てくるのですが。また麺は、中太のストレートタイプで、結構歯応えのある食感。吟醸酒を練り込んであるらしいのですが、それが尖っているということはなく、隠し味のように感じました。そして、たっぷり載った野菜が、辛さと相まってかなりの食べ応えです。

丸髙屋味噌らーめん 799円(税別)
丸髙屋味噌らーめん 799円(税別)
 こちらは、相方がいただいた品。今回は自分の品が予想以上にボリューミーだったため、味見はほんのちょっとだけだったのですが、やはり、甘味のある味噌ダレがポイントですかね。ただ、辛味噌と違って、こちらの方がその味がよくわかるというか、味噌の味と、酒粕が由来という甘味以外にも、色々と配合されているようです。あと、チャーシューが凝っているというか、トロトロに煮込んだものを、提供前に焼いているんですね。個人的に次にお伺いする時は、こちらの品をいただいてみたくなりました。

 というわけで、色々と主張というか凝ったところがあるラーメンで、それゆえ一度きりでは正直なところ判りかねる部分もあり、なのでまたお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ