たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道帯広市 らーめん みすゞ

 六花亭本店でお菓子を堪能したあと、順番的には逆だとは思うのですが、今度は昼食をば。 で、個人的にこれまで何度か帯広を訪れているにもかかわらず、これまで(競馬場を除けば)専門店でラーメンをいただいたことがなかったので、今回は六花亭本店から程近いこちらのお店にお伺いすることに。

 そのお店は、タウン8広小路商店街というアーケードの一角にあり、同じ名前のカフェテラスの1階部分に間借りしているような面白い造りの店構え。開店時間は午前11時だったのですが、それより10分ほど前に到着してお店の前に置かれた長椅子で待っていると、それに気付いた店員さんが店内に招じ入れてくださいました。で、席に着きお品書きを見たところ、ラーメンだけでも品数が多く、更にさすがは北海道のラーメン店というか、ほとんどのメニューに正油と表記される醤油、味噌、塩味があります。で、何をいただこうか迷うころなのですが、実は事前にお店のウェブサイトを見て、いただくものは決めてありました。 

こだわりみすゞ(味噌) 800円
こだわりみすゞ(味噌) 800円
 それが、店名を冠し、さらに「こだわり」が付くこちらの品。店名を冠したみすゞら~めんが、軟白ネギを使ったネギラーメンとのことてすが、そこに肩ロースのチャーシューとメンマを加えたものとのこと。で、ネギラーメンといえば、白髪ネギを何らかの調味料で和えたものが載っているのが一般的だと思うのですが、こちらのは調味料と共に軽く炒めてあるんですね。で、早速スープからいってみたところ、そのネギの炒めた風味がパっと来て、次に強めの味噌風味が。表面の油からは重めのコッテリ感と、あと、ピリ辛程度に唐辛子が効いていて、全体的に味がストロングな印象。個人的には白米が欲しくなりました。また麺は、加水率低めのようなゴワワっシとした食感で、濃いめのスープと良く合っています。そして具ですが、上に載ったネギはピリ辛の醤油味でしょうか?これはこれで味噌味のスープと合わないことはないと思うのですが、塩味や醤油味との組み合わせも試してみたいところ。あと肩ロースのチャーシューも醤油味で、ホロっとしつつ歯応えものこった絶妙な食感が良いですね。ですが、メンマは比較的プレーンな味わいで、丼の中の丁度良い息抜きに。なんていうか、全体的に味などストロングなのにもかかわらず、ホッとする部分もしっかりある、そんな一杯に感じました。

ら~めん(正油) 670円
ら~めん(正油) 670円
 こちらは、相方がいただいたというかいただかせたもの。それを例によって少々いただいたのですが、こちらは炒めたネギがなく醤油味の分、よりベースのスープの味わいがわかるというか、味噌味よりも魚系出汁の風味が強く感じられました。で、こちらも濃いめで油コッテリ目だけど、どこか懐かしさもあって良いですね。

豚丼にぎり(2貫) 250円
豚丼にぎり(2貫) 250円
 こちらは、一緒にいただいたもの。今回の旅行で豚丼をいただくことが出来はなかったので、というわけではないんですが。で、軍艦の上に載った、甘辛いタレの絡んだ豚肉がボリューミー。

 というわけで、どれも、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成29年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ