たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 東峰飯店

 人から教えられたお店だと、義理もあるので早めにお伺いして教えてくれた人に感想などを述べたりするのですが、元々自分ではあまり積極的にお店の新規開拓をしないこともあり、或る時その存在を知って気になりつつも、何故か長年の宿題になってしまったお店というのが、個人的にいくつかございまして。で、こちらのお店もそのうちの一つ。某ラーメン本でその独特な味噌ラーメンを知ってからかなり経つのですが、今回ようやくお伺いするはこびとなりました。

 開店時間ジャストにお店へ到着し、早速入店しようとしたのですが、のれんの類いがないところ(一瞬開いているか焦ってしまった)や、靴を脱いでから入店するところが、いかにも老舗のちゃんとした中華料理店らしいというか。それにしても、入り口に置いてある熊の剥製がすごいです。それで沢山の円卓が置いてある広間に通され注文となるのですが、こちらも流石は老舗の中華料理店。品数がかなり豊富ではあるのですが、前述のとおり、頼む品は決まっておりまして。

東峰味噌ラーメン 800円
東峰味噌ラーメン 800円
 それがこちら。赤っぽい色が独特なビジュアルなのですが、早速スープからいただいてみると、ベースは中華料理店らしい清湯スープでしょうか?ですがそこに、豆味噌の渋みや、味噌ダレに野菜を漬け熟成させた事によるひねたような風味、そして具となる炒めた挽肉や野菜の旨味が加わって、まろやかな中にも複雑な味わいを醸し出しています。また麺は、結構細めの縮れタイプで、最初はハリがあるけど、伸びるまでの時間は短い気もしました。そして具は、前述のとおりモヤシやニラ、キクラゲなどの野菜と挽肉を炒めたもので、量的にもたっぷりあって食べ応えが。

 というわけでとても美味しくいただいたのですが、まさしくオンリーワンな味噌ラーメンでした。長年の宿題が解決して満足したと同時に、またこの味噌ラーメンや、他の品もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成28年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ