たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 そば処 さかえや 野崎店

 前のお店に続く、ゴールデンウイーク「ひたし」(「冷やし」)強化週間ということで、前のお店同様職場の方に教えていただいたお店に今回も。ちなみに、店舗に掲げられた看板には「そば処」としか書いておらず、「さかえや」という屋号は、道沿いに建つ行灯式の看板に小さく書いてあるのみなので、一瞬ここで良いのか迷いました。また、某栃ナビ!によると店名に「野崎店」と付いていたので、この記事もそれに習って書かせていただきました。

 それで、お店にお伺いしたのが5月5日。旗日ということで開いているか心配(地元密着系のお店だと、旗日が休みって結構あるような)だったのですが、前述のとおりちょっと迷って到着したところのれんが出ていたので一安心。午前11時半頃お伺いしたところ時店内は大変空いていたのですが、壁には某ケンミンショーとや某アド街の色紙が貼ってありました。(ちなみに某アド街は最近放送されたようで。)

ひたし天ミックス(大盛) 870円
ひたし天ミックス(大盛) 870円
 それでいただいたのが、こちらの品で大盛りは100円増しとリーズナブル。(ただし、どのくらい増えるのかはわかりませんが。余談ですが、蕎麦店の「大盛り」って、値段も増える量も、お店によってまちまちなような気が。)ちなみに「ミックス」は50円高くなるかわりにソバとウドンを一度に味わえる品で、ひたしや冷やしを出しているお店の更に一部でやっているスタイルです(値段が高くなるかどうかはお店によりますが)。それでまずソバですが、スクエアな断面のタイプで、ウェッティーな口当たり。噛む時に感じるほんの僅かな粉の感じが「手打ち」ということを実感させます。またこちらもウェッティーな口当たりのうどんは、チュルモチっとした適度に柔らかいけどコシのある食感でした。そして暖かいつゆは、ダシ感そこそこで、僅かな甘味があるような。塩気というか味の濃さは、もり・ざるよりも薄いひやし・ひたしでは標準的なものかと。そこにデフォルトで投入されたかき揚げは、衣多めのタマネギやカボチャなど野菜メインで、つゆの中でだんだんと解けていくという感じ。あと、〆のそば湯は、こういうお店らしい粉を足したりしないサラっとしたタイプでした。

 というわけで美味しくいただいたのですが、実は、職場の方に教えて貰ったのは、こちらのお店ではなく、西那須野(那須塩原市)にある「さかえや」さんと判明。どおりで、某栃ナビ!にもわざわざ「野崎店」って書いてあったんですかね。なので、そちらを含めて、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成28年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ