たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 支那そば 竹風

 こちらのお店の前って、結構頻繁に通るんですが、その度に気になっておりました。で、いざ寄ろうと思っても、お昼時は駐車場が満車だったりして断念したことも何度かありましたが、今回、ようやく、お伺いすることができました。

 初めての訪問なので、かつ、メニューもいろいろ(レギュラーメニューの他にも、月替わりメニューが多数あります。)あって、何をいただこうか大変迷いましたが、メニューに「イチオシ」と書いてあった岩のり竹風麺と、ごはんものもいただきたかったので豚そぼろごはんをお願いしました。

岩のり竹風麺 730円
岩のり竹風麺 730円
 まず、岩のり竹風麺ですが、運ばれて目の前に丼が置かれると、岩海苔の良い香りがふわぁっと。早速スープからいただいてみると、濃厚な鶏白湯の味が。これはとても美味しいスープですねぇ。鶏の骨や肉から美味しいところだけを凝縮したような味に感じました。それに組み合わせられる細めのストレート麺は、結構ソリッドな感じの歯応えで、濃厚なスープに負けない存在感。具は、柔らかいチャーシューと、半熟の味玉、メンマ、青ネギ、そして、結構大量の岩海苔。この岩海苔が、スープや麺を啜る度に、それらと一緒に口の中に入ってきます。それにしても、岩海苔って、結構個性が強烈だと思うんですが、それに負けないというか、一体化してその個性をも取り込んでしまうこちらのスープと麺は、凄いなぁ。いやぁ、大変美味しゅうございました。

那須豚のそぼろごはん 250円
那須豚のそぼろごはん 250円
 それから、豚そぼろごはんは、小振りの丼に盛られたご飯の上に、甘辛く濃いめに味付けされたそぼろと、甘辛いタレがと白ゴマがかかった瑞々しいホウレン草、そしてメンマが載ってます。

 というわけで、大変満足させていただきました。他のメニューも、是非いただいてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成20年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 22
24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ