たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 バカうまラーメン 花の季

 この日は、昼過ぎから宇都宮で所用があったため仕事を早退したのですが、行く途中どこかで昼飯をなどと思いつつ何気なくツイッターを見たところ、「花の季本店で本日より筍ラーメン発売開始」とのツイートが。元々筍は大好きだし、過去何度かいただいたこちらの筍ラーメン(ちなみに前回いただいたのは平成23年でした。)は、毎回構成というか味が違うにもかかわらずどれもとても美味しかった記憶があるので、そうと知ったら、もう行くしかないというワケで。数量限定なので無くなってしまわないか心配(お店に着くのがお昼丁度頃だったので)したのですが、なんと最初の1杯でした。

筍ラーメン 1000円【税込】
筍ラーメン 1000円【税込】
※これは提供初日の盛りつけです。2日目から若干変わったそうで。
 というわけでその筍ラーメン。まずはスープからいただくと、何とも滋味溢れる味わいというか。今年はアサリ出汁がメインのスープということで、そのお陰で良い旨味が豊富なんですかね。また、メインの具材の筍、そしてワカメとの相性もバッチリというか、お互いの風味を引き立て合っているよう。そしてラーメンにつきもののネギがまた面白いというか、笹切りにされた白ネギの他、花芽の部分と新タマネギでしょうか?味的にも食感的にもアクセントになっているというか。さらにそこに木の芽の風味がまた良いというか、筍やアサリとの相性は言うまでもありませんね。で、それらと一緒にスクエアな断面のツルプリっとした食感の麺を啜れば、もう。晩春というか初夏というか、そんな季節の味を十二分に堪能できます。

春にら水餃子 380円【税込】
春にら水餃子 380円【税込】
 こちらは、一緒にいただいたもの。こちらも数量限定だそうで。それでお味の方ですが、緑色のタレは黒酢とニラですかね?口に運ぼうとするとこの風味がかなり効いているというか。でも、もちっとした皮の中から現れる餡は、それに負けない力強さ。肉の旨味にニラの甘味がぐぐっと迫ってきます。

 というわけで、どちらもとても美味しくいただいたのですが、中でも筍ラーメンはとても印象深い一杯でした。来年以降もまたタイミングが合えば是非ともいただきたいのですが、今度はどのような味になるのかも楽しみです。ごちそうさまでした。

平成26年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ