たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

長野県佐久市 上信越自動車道 佐久平PA(下り線) スナックコーナー

 これから暫くの間、少し早めのゴールデンウイークということで、4月26日(土)、27日(日)と一泊二日で長野、新潟、群馬のお城などを巡ってきました。で、これから暫くの間、その時のネタが続きます。

 で、その1つめですが、行く途中の高速で朝ラーとなったこちら。以前、このPAを訪れた時、気にはなりつつもいただかなかった品だったりするのですが、何でもこのPAのある佐久市の安養寺というお寺が信州味噌発祥の地のとこで、そこから、地域おこしの為に味噌を使ったご当地ラーメンを作ろうということになり、平成20年に誕生させたのが『安養寺ら~めん』。それでその提供店舗の1つにもなっているのがこのPA(ちなみに下り線のみ)だったというわけで。

安養寺味噌らーめん 800円【税込】
安養寺味噌らーめん 800円【税込】
 それで登場というかご対面したこちら。まず見た目ですが、ポスターの写真に較べて、具のタマネギとニンジンの盛りがボリューミー。で、まずはその具をかき分けスープを一口啜れば、味噌感が豊か。ベースのスープはアッサリしていると思うのですが、なんていうか、味噌が主張しつつもまろやかというか。また、それに合わせる麺は、かなり太めのストレートタイプ。シコシコとモチモチの中間くらいソフトな弾力と啜り心地で、スープとの相性もグッド。そして具は、前述のタマネギとニンジンは生なのですが、これが悪くないマッチング。あとは肉味噌と青菜、そして枝豆ではなく地元素材のあおばつ(青大豆)なのですが、こういう風に基本的に盛り込むだけの具材は、作り手が複数人いるこういう所の品ではクオリティを安定させるのに良いのではないか、と。

 というわけで、(失礼ながら)意外と美味しかったというか、こういう所のラーメンとしては、これまでいただいた中でもかなり上位のお味でした。ごちそうさまです。

肉そば 550円【税込】
肉そば 550円【税込】
 こちらは、同行者がいただいたもの。「美味しかった」とのことです。

平成26年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ