たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

小諸市動物園 【平成26年4月26日(土)】

ヒトの檻

 (前記事からだいぶ間隔が空いてしまいましたが…。毎年この時期は…。)このところ続いている4月下旬に長野、新潟、群馬の城めぐりをしてきた時の話ですが、今回訪れた小諸城には、動物園が併設されているんですよね。お城と動物園といえば、昨年訪れた和歌山城などにもあったのですが、見たいけど時間の関係で泣くなスルーすることがありまして。でも今回は、お城に到着した時間が早かったお陰で、しっかりと見ることが出来ました。


小諸市動物園について

 まずは、今回お伺いした小諸動物園について少々。

 小諸市動物園は、長野県小諸市にある小諸城趾懐古園内にある動物園。開園は大正15年4月20日と長野県内で最も古く、全国的に見てもかなり古い部類なんじゃないでしょうか。元々は日本ザルの保護施設として始まったのですが、現在は小動物や鳥類を中心に60種以上の動物が飼育されています。

実際に行ってみた

【小諸城趾懐古園料金所付近】
小諸城趾懐古園料金所付近
 今回訪れた小諸城趾懐古園ですが、前々記事のとおり着くのが早すぎて入場券買うのが後回しになってしまったんですよね。それでお城を堪能した後一度入場口まで戻り、改めて入場券を購入し、いざ。

【料金所の先】
料金所の先
 懐古園は料金所から先、左右に道が分かれているのですが、向かって左側の道を、右手に木谷と呼ばれる深い谷を観ながらずんずん進みます。

【小諸市動物園入口】
小諸市動物園入口
 するとほどなくして動物園入り口に。そのまま中へと入りましょう。で、以下は比較的マトモに写せた動物をかいつまんで。

【入口付近】
入口付近
【川上犬のさくらちゃん】
川上犬のさくらちゃん
 入園して最初のエリアでまず目に入るのは、鮮やかなインコたち。中でもベニコンゴウインコは昭和41年生まれの御年48歳、人間に換算すると100歳を優に超えているらしいのですが。それと、これまた入口付近にいるのが、長野県の天然記念物である川上犬のさくらちゃん。この後、飼育員さんと一緒に園内をお散歩していました。

【記念撮影用のヒトの檻】
記念撮影用のヒトの檻
【インドクジャクさんたち】
インドクジャクさんたち
 入口付近の一角を抜けると、今度はニホンザルと鳥類メインのエリア。冒頭のヒトの檻もこちらに。で、来た時に丁度、インドクジャクが羽を広げ、それをプルプル振るわせてアピっていたのですが、目の前にいる雌がガン無視していたのが何ともでした。

【フンボルトペンギンさん】
フンボルトペンギンさん
【ライオンのナナさん】
ライオンのナナさん
【棒きれで遊ぶツキノワグマさん】
棒きれで遊ぶツキノワグマさん
 次は、フラミンゴ、ペンギン、ライオンにクマとバラエティ豊かなエリア。で、中でもライオンはペアで約10年前に多摩動物公園から来たのですが、残念なことについ先日、雄のカイが永眠してしまい、一人残されたナナがちょっと可愛そうだったというか。

【ポニーのすみれさん】
ポニーのすみれさん
【ひなたぼっこするヤギさんたち】
ひなたぼっこするヤギさんたち
 そして最後はわりとまったりしたゾーン。ポニーのすみれは昨年10月に来演したそうで。入口からここまでおおむね一直線というか、この動物園の敷地はとても長い帯曲輪だったんですかね?それで写真に撮るのを忘れたのですが、ここから小諸城趾の馬場跡の間には、深い谷を超える立派な吊り橋が架かっています。

感想とかまとめとか

 というわけで小諸市動物園だったのですが、懐古園の入場料(最安300円)のみで入れるのも有り難く、古城散策のついでと言っては失礼ですが、一緒に観て回れたのはとても良かったですね。また、急峻な地形に築かれた城跡にあるというシチュエーションのおかげで、規模は小さいながらもちょっとした非日常感が味わえましたし。小諸城は個人的にとても気に入ったのですが、こちらもなかなかというか、再び小諸城を訪れる際には、また是非とも立ち寄りたいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ