たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

秋田県秋田市 名代支那そば まると 本店

 福島競馬場で一日勝負した後、その日のうちに翌日所用がある秋田県秋田市へと移動。そしてその翌朝、用足しの前に朝ラーをば。って事前に調べたところ、(個人的に大好きな)朝ラーのできるお店が秋田市内には何軒も有るんですよね。それでその中でどちらにお伺いしようか迷ったのですが、今回はこちらのお店ということで。

ニラそば 700円
ニラそば 700円
 で、いただいたのが、デフォルトの支那そばと迷ってこちらに。(実は個人的に、ニラ大好きなもので…。)それでまずはスープからいただくと、熱々のトロミ付きですぐには口に入れられなかったのですが、その段階で、煮干しの香りがビンビンに感じられます。それをフーフーしてから口に入れれば、醤油がバシっと効いていて、そこに先述の煮干しの他にも節系や動物系の旨味、具のニラの風味、そしてわずかな辛みとニンニク?風味などが一体となった、あっさりしているけどわりとインパクトのあるお味かと。ちなみに、お店のウェブサイトを見たところ、スープは無化調だそうですね。また細めの麺は、しっかりと縮れが付いていて、わりと硬質な食感。ちゅるちゅるっと言うよりも、ワシワシっといただく感じでしょうか。そして具は、前述のニラの他、短冊に切られたチャーシュー(モモ肉)も入っていました。それにしても、煮干し風味のスープとニラって、結構合うんですね。

肉もり丼 150円
肉もり丼 150円
 こちらは一緒にいただいた物。いわゆるチャーシュー丼ですが、サイコロ状に切られたチャーシューは(トロトロというわけではありませんが)結構柔らかく、甘さ控えめのサラッとしたタレが個人的には好み。また、お値段の割にはボリューミーですね。

辛みそ 50円
辛みそ 50円
 これは追加で注文した物。いただいたニラそばにも少量使われている他、デフォルトの支那そばにこちらを載せたメニューがあるようで。で、そのお味ですが、そのまま少量嘗めてみたところ、ニンニクがかなり効いていて、唐辛子の辛味の他、甘みも多少あるかと。それでニラそばに投入したところ更にインパクトが増加。また、肉もり丼にチョイ足ししても合うというか、これで白米(メニューにあります)いただいても美味しいかもしれません。

支那そば 600円
支那そば 600円
 こちらは、同行者がいただいた物。煮干しの香りと上に載ったお麩が、個人的には同じ秋田県内の十文字ラーメンを連想させるのですが、当然ながらニラそばよりも、煮干し風味を堪能できます。(っていうか、こちらのラーメンって、その十文字ラーメンを元にしているんですかね?)

 というわけで、わりと新しいお店らしいのですが、昔風の味で、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成24年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ