たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

佐賀県鳥栖市 お食事処 のだ屋 (佐賀競馬場内)

 前の記事に続き、佐賀競馬場でいただいた食べ物関係パート2なのですが、今回は昼食にいただいたこちら。 実は、前の記事のちゃんぽんをいただいた食堂のお隣のお店だったりします。

特製うどん 500円
特製うどん 500円
 で、いただいたのは、肉とお揚げさん、そしてゴボウ天が載った特製うどん。つゆは、鰹と昆布だしをベースに、いかにも九州っぽい醤油のあっさり味なのですが、そこに更に肉とお揚げさんの甘味が混ざって良い感じ。うどんはチュルチュルっとした自然な食感の物。そういえば、博多のうどんって柔らかい食感の物が多い気がするのですが、お隣の佐賀のうどんはどうなんでしょ?こちらに関しては特段柔らかいという感じはしませんでしたが。それにしても、この3つの具のおかげで、結構食べ応えがありますね。

 というわけで、なかなかに美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成24年7月訪問



佐賀競馬場では、例によって他にもいただいてきましたので、それらを以下に。

スタンド1階売店

 佐賀競馬場名物?の、通称『何でも焼いてくれるお店』。ちなみに、正面入り口から入った両側にそれっぽいお店があったのですが、こちらはスタンドに向かって右手の方のお店です。で、店頭(というかお店のまわりにも)に並んだ食材を注文すると、その場で炭火で焼いてくれました。

もち 100円 と ブタバラ(小) 70円
もち 100円 と ブタバラ(小) 70円
 同行者が頼んだもちはは、うっすら緑色(草餅でしょうか?)で、中にあんこが入っていました。私が頼んだブタバラは、ごく薄味。下ごしらえで火が通してあったようなのですが、それでも結構な脂が染み出ます。で、両方とも、これまで焼き網に付いてきた様々な食材の風味がそこはかとなく漂って…。個人的には、焼くのは風味の強い食材が良いように感じました。でも、こういうお店好きなんだよなぁ。

 それにしても、こちらのお店には酒のつまみになりそうな物がたくさん置いてあったのに、佐賀競馬場って、場内で酒類を一切販売していないんですね。(強者はクーラーボックスに入れて持ち込んでいるようでしたが。)

スタンド1階 まんじゅうのハロー

 こちらも、佐賀競馬場名物らしい回転焼き(とたこ焼き)のお店。ちなみに回転焼きというのは、関東地方で言うところの今川焼きの事です。

アズキアンコ 110円 と カスタード 130円
アズキアンコ 110円 と カスタード 130円
 お値段は、白あんと小豆あんが110円、カスタードが130円。いただいた同行者によると、「美味しかった」とのことです。


 最後に、佐賀競馬場の食堂や飲食売店の数は(地方競馬の競馬場のなかで)随一と言われているそうなのですが、確かに、入り口から入って右手の食堂街にはズラっとお店が並び、また、スタンドのあちこちにもお店が。中には閉まっているところも結構あったのですが、それを差し引いてもかなりの数が営業していました。うーむ。全て制覇するには、一体何回来ればよいのだろうか。(って、おい!)

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ