たひお備忘録

とりとめのない趣味の活動記録。ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、PC、競馬、モータースポーツ観戦など。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 カレーハウス CoCo壱番屋 矢板国道4号店

 矢板市の中交差点(わりと渋滞の名所)付近の国道4号は、よくクルマで走るのですが、その時に目に入り、それも頻度が高いものだから、すっかりと脳裏に刻まれるのがこちらのお店の幟旗。で、その幟旗には期間限定メニューが書いてあることが多く、ちょっと前からそこに「カレー担々麺」の文字が踊るようになりました。

 カレーと担々麺なんて、「ぼくがかんがえたさいきょうの」的コラボだと正直思ったのですが、何事も食べてみなければというこでこの日お伺い。注文の際は辛さ増しなどせず、相性の良さそうなライスのみ追加しました。

痺旨カレー担々麺 890円
痺旨カレー担々麺 890円
単品ライス 105円
単品ライス 105円

 それでそのカレー担々麺。見た目は、ちょっと黄色っぽい担々麺といった具合ですが、立ち上る香りはカレーが強めかな、と。それと表面にラー油が回しかけられていますが、更に「激辛辣油」の小瓶が着いてきました。で、早速スープからいってみたところ、一口目は唐辛子というか辣油の辛さの他、山椒の痺れ、ゴマのコクを追加したカレーラーメンという印象。ですが少々アタマが混乱したというか、一口ごとに、カレー?担々麺?と脳内での判定が揺れ動く気がするという。もっとも、それが落ち着くと、これはアリ!と脳内で決着が着いたんですが。ちなみに、辛さはゴマのコクののせいもあってか、私の間隔だとピリ辛未満程度に感じたのですが、別添の辣油は激辛な名前のとおり、追加するとしっかりと辛味を足してくれました。また中くらい太さの麺は、歯応えが結構ある印象。スープの粘度が高いので、うかつに啜るとスープを纏わり付かせ過ぎてしまうかもしれません。それと具は担々麺らしく、ピリ辛に仕上げられた肉味噌はスープに混ぜると味わいが変わって良い感じ。あとモヤシと青菜は、全体的に味が強い中での息抜き的ポジションでしょうか。そして最後は、残ったスープにライス投入。面白かったのは、この時ばかりはカレーライスというよりも、担々麺残りスープにライス投入の方が近く感じました。

 というわけでなかなかに面白いメニューだったのですが、最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和元年11月訪問


 この記事で令和元年中の更新は最後になります。今年もこの、中の人の備忘録をダラダラ書くだけのブログにお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 そして来年も、可能な限りこんな感じでダラダラと書き続けていく予定となっておりますので、宜しくお願いいたします。

 それでは皆様、良いお年を。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、自作PC(AMD派)など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ