たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県福岡市 博多ラーメン はかたや 川端店

 今回の旅行、せっかく博多に2泊しながらも、水炊きもつ鍋だと(〆の雑炊までガッツリと)いただいていたら、当地のラーメンをいただく機会がありませんでした。ですが、それでは勿体ないので、最終日の早朝、まだ真っ暗な中、宿からGoogleマップを頼りにこちらのお店まで。というのもこのはかたやさん。福岡市を中心に(一部を除き)24時間営業、そして低価格を売りにした多店舗展開をしているラーメン屋さんで、宿から近いところに1件あることを確認していました。

 午前6時半過ぎにお店に着いたところ、カウンター席のみの店内には先客2名。そこに流れているBGMは天地真理などの昭和女性歌謡曲で、店員のお姉さんも、失礼ですが同世代と思われます。また、ラーメン1杯290円という低価格も売りにしているのに、注文は券売機による食券制ではなく、口頭注文の後払い方式というところにこだわりを感じました。

博多ラーメン 290円 + 煮玉子 120円
博多ラーメン 290円 + 煮玉子 120円

 それで注文から程なくして登場したラーメン。早速スープからいってみたところ、白湯豚骨でも博多のラーメンらしく、濃厚というよりはサラッと感がある口当たり。そこに油とニンニクでパンチを出している感じでしょうか。また、当地らしい細麺はバリカタで注文したのですが、ホギっとした食感で、味も悪くないですね。そして具は、これまた博多のラーメンっぽい薄いチャーシューと青ネギ。シンプルだけど必要十分かと。それと追加の煮玉子は、醤油の風味が強めで甘味を感じる味付けが面白いですね。

半替玉 100円
半替玉 100円

 で、こういうラーメンも良いなと思いつつ麺を啜っていたのですが、麺を食べ終わりそうになる頃には、替玉の誘惑が。この後の予定もあったので迷ったのですが、半替玉というのがあったので注文することに。ちなみに替玉、半替玉とも同価格でした。で、今度はニンニクと紅ショウガで味変していただくのですが、これも良いですね。ちなみに、カウンター上にはこれらの他、コショウが有りました。(高菜漬けは無いのですが、別メニューで辛子高菜ラーメン390円というのが有り。)

 というわけで、美味しくいただいたのですが、値段なりにチープな部分はあれど、だが、そこが良いという感じで。個人的には、食べ物の場合、安さに惹かれることはあまりない(というよりも、まっとうな対価を払いたいという考え。)のですが、でも、こういうお店があることがうらやましく感じるのも事実というか。ごちそうさまでした。

平成31年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ