たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県福岡市 水炊き 積 大名店

 BAOO荒尾からこの旅行で2泊することになる博多の宿に戻り、一休みした後で夕食をいただきに向かったのが、大名というところにあるこちらのお店。

 博多は名物と呼ばれる鍋料理がいくつかあり、うちもつ鍋などは旅のおりにいただいたことがあったのですが、水炊きだけは未だ当地でいただいたことがなかったので、今回の旅で何とかと思っていたところでした。ですが、鍋料理とあって一人だと予約はおろか注文できるお店が限られるという現実が……。で、何とかならないものかとネットで調べていた時に見つけたのがこちらのお店。しかも、予約もネットでできるとあらば、ここしかないという感じでお伺いすることに。

 それで福岡市営地下鉄の大名駅からGoogleマップを頼りに歩くことちょっとでお店の入っているビルに到着。このあたり、バリバリの繁華街ではないようですが、それでもお店が沢山あって、比較的若い人たちで賑わっているという感じがしますね。早速2階へと上り、元気の良い店員さんに迎えられてお店に入ると、カウンターに席が用意してありました。それにしても、店内も活気があるというか、お客さんでとても賑わっていますね。

ザプレミアムモルツ 500円(税別)
ザプレミアムモルツ 500円(税別)
お通し
お通し

 で、席に着き早速注文なのですが、水炊きは必ず頼むとして、とりあえず生ビールを。こちらのお店はプレモルなんですね。また、それと一緒に出てきたお通し(税別500円?)は、枝豆、大根とひき肉の炊いたの、おひたしの3種。この、ちょっとづつというのが嬉しく、また味付けも程良いので、生ビールが進みます。

鶏皮ぽん酢 480円(税別)
鶏皮ぽん酢 480円(税別)
博多小女郎吟醸磨き(ロック) 420円(税別)
博多小女郎吟醸磨き(ロック) 420円(税別)

 なので早々に飲み干し、焼酎にチェンジ。折角なので博多のをと思い、一番安いので申し訳なかったのですが、博多小女郎という銘柄の麦焼酎を。で、これが香り華やか味わいスッキリで思いの外美味しかったというか。加えて、一緒にいただいた鶏皮ぽん酢が、これもまた。炙ったスモーキーな風味が香ばしく、皮自体の滋味と相まって、更にそこに、青ネギと玉ネギの爽快感が加わり、それらを旨いぽん酢がまとめます。あと、火の通し加減の所為か切り方の所為か、歯応えが良すぎないのも良かったですね。

水炊き 1980円(税別)
最初に出てくるスープ
水炊き 1980円(税別)

 そうこうしているうちに、メインの水炊きが登場。まず最初に、お猪口でスープが出てくるのが気分をたいへん盛り上げるのですが、早速それをいってみたところ、「鶏」の味が濃いっ!鶏の風味と旨味を抽出し尽くしたとでも言うべき味わいですね。そして次に、既に煮えている鶏肉とつくねをぽん酢でいってみたところ、これがもう!適度に歯応えのある肉は旨味が強く、軟骨を混ぜ混んだというつくねはコリコリの食感が楽く、更にそれらを、旨いぽん酢が更にグレードアップさせている気がします。次に鶏肉とつくねを、今度は店員さんに教えていただいた柚子胡椒+塩でいってみたところ、こちらの方が、肉の持つ味わいをより感じられる気がしました。(個人的には、大のぽん酢好きということもあり、ぽん酢でいただいた方が好みだったりして。)あとは、別盛りの野菜などの具を適宜投入しつついただくのですが、濃厚なスープを纏った具がまた旨く、特にお麩や油揚のスープが染みる系は、単体でいただくとちょっと危険な程でした。

博多小女郎吟醸磨き(炭酸割り) 420円(税別)
博多小女郎吟醸磨き(炭酸割り) 420円(税別)

 そんな水炊きに合わせ、お酒を博多小女郎の炭酸割りにスイッチ。個人的に、乙類焼酎の炭酸割りはよく飲むのですが、これはベースの焼酎が軽快で華やかな印象なので、水炊きの濃厚な味わいとベストマッチ!コッテリ(水炊き)、スッキリ(焼酎)、コッテリ、スッキリという感じでお互いが次の一口をより美味しくして、ほんと、永久に食べ飲み続けられる気がします。

玉子雑炊 420円(税別)
玉子雑炊 420円(税別)

 そんなわけで酒が進みすぎてしまった(1杯じゃすまなかったのよ……。)ので、具材の追加はせずに〆の玉子雑炊を注文。酔っ払って舌も記憶も少々怪しくなってきたところだったのですが、それでも感じるご飯に染みたスープ旨味とそれを包む玉子の優しさ。お茶も出して貰い、口の中をスッキリ、気持ちもホっとして食べ終えました。

 というわけで、初めていただく当地での鶏の水炊きだったのですが、美味しかったのはもちろん、店員さん達の接客もお上手で、大変満足することができました。ごちそうさまです。

平成31年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ