たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

熊本県荒尾市 朝日屋 (BAOO荒尾内)

 これから、2月の三連休を利用して九州へと一人旅をした時の記事が続きます。

 で、その初っ端が、熊本県荒尾市にある場外馬券場「BAOO(バオー)荒尾」でいただいたこちらのお店から。このBAOO荒尾、元々は荒尾競馬場という地方競馬の競馬場(平成23年12月廃止)だったのですが、その当時から残っている食堂が、この朝日屋さん。で、今回BAOO荒尾を訪れるからには、是非ともお伺いしてみたかったんですよね。

 それで日曜日の午後1時近く、BAOO荒尾に到着。入場して早速お店にお伺いしたところ、店内は常連さんと思しき人たちが何組か。すでに始まっていたこの日の佐賀競馬の様子をモニターで見つつ、当地の言葉で談笑していました。その話を、聞くともなく聞きつつ壁に貼られたお品書きを見たところ、麺類に丼物、そして定食に単品料理と豊富な品揃え。更にはお品書きにない小皿の一品料理(1皿300円)ゃ、瓶ビールに缶ビール、そしてチューハイもありました。

ちゃんぽん 600円
ちゃんぽん 600円

 そんな中いただいたのが、こちらの品。チャンポンといえば長崎が有名ですが、九州の食堂には定番的に置いてあるような印象(偏った体験の中での経験則ですが。)で、更には、ここが荒尾競馬場だったころにお伺いした時にも、いただいたことがあったりして。それで注文からちょっとだけ待って登場。早速白濁したスープに口をつけると、まろやかな豚骨風味に肉や練り物、野菜といった具材の旨味が溶け込んだ、普通に美味いスープという印象です。また、チャンポン麺は、柔らかめの仕上がりで、それが逆に、しっかりとした煮込まれ感があって良いかと。そして具は、前述のとおりの構成ですが、中でも使われているモヤシが、細い当地のものだったことに九州を感じました。

 というわけでちゃんぽん自体も美味しくいただいたのですが、加えて、当地の言葉で競馬談義を聞きつつつついただく一杯は、また格別ですね。ごちそうさまでした。

平成31年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
3 5
8 10 12
15 17 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ