たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 バードメン

 日曜日のこの日、朝イチでさくら市に所用があったのですが、それも早々に終わった後、ふと朝ラーがしたくなって、国道4号を南下。お店には、午前9時半頃到着しました。

 こちらのお店に朝ラーでお伺いするのは二度目なのですが、前回は開店直後に到着したところ、店内は既に満席で、入口のところで暫く待った記憶が。ですがこの時間だと少々落ち着くのか、店内の先客は1組。あと、前回は店主さんお一人でまわされていたのですが、今回は店主さんとは別の店員さんがカウンターで接客されていました。それで今回こそ、こちらのお店のグランドメニュー的品をいただこうと思っていたのですが、カウンター後ろに貼られたお品書きを見たところ、気になる品を発見してしまったので、思わず注文。幸運にも最後の1杯だったようです。

カキ煮干そば 850円
カキ煮干そば 850円

 それがこの、カキ煮干そば。早速、スープからいってみたところ、ポタージュスープのような口当たりで、旨味がとても濃いですね。で、これだけ旨味が濃いにもかかわらず、個性としての煮干のビターさは若干感じるのですが、牡蠣のクセは感じられないのが凄いです。またその濃い旨味に合わせてか、味付けも濃いめなのですが、あしらわれたカイワレと白ネギがピリッとしたアクセントを効かせていて心憎いですね。そして麺は、細めのストレートで、バツっとした歯応えのもの。こういう「濃い」スープには、こういう麺が良く合います。それと具は、前回も驚いた低温調理の「肉」がやっぱり圧巻。今回は2種類載っていましたが、どちらもしっとりと肉肉しかったです。

 というわけで、今回も美味しくいただきました。この時間帯なら限定メニューは品切れのリスクはあるものの、空いている事もわかったし、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
2 4
6 8 10
13 15 17
21 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ