たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須烏山市 麺屋 はじめ

 個人的に那須烏山市って、その昔は仕事がらみでわりと来やすかったものの、だいぶ前に事情が変わってからはなかなかご縁が無い土地となってしまつていました。ですが11月も終わりに近づいた月曜日のこの日、降って湧いたような用事が。それが昼の12時半頃に終わったので、チャンスとばかりに旧南那須町役場近くのこちらのお店まで。到着したのが午後1時頃だったのですが、店内は先客が数組という感じで、正直、これほど空いているのは初めてだったりします。

和風醤油らーめん 750円
和風醤油らーめん 750円
煮玉子 100円
煮玉子 100円

 それで今回いただいたのが、壁に貼られたお品書きの筆頭?に描かれていたこちらの品。確か以前は「和っさりらーめん」が先頭だったと思うのですが、暫くお伺いしない間に変わったんですかね。で、まずはスープからいってみたところ、口当たりは比較的サラっとしているものの、その味わいは幅があるというか、魚というか節系っぽい香りと旨味、動物系的っぽいコクなどがベースとなり、そこに店内にも明示してありますが濃いめの味付けが、一口目からしっかりとした味の輪郭を感じさせてくれます。そしてそこに、カイワレのピリッとした味とたっぷりの白ネギが爽快感をプラスして、これが、もう。また、そこに合わせた細麺は、旨く表現できないのですが、モシャモサっとをすごく良くした食感で、これも、また。それと具は、厚めに切られたチャーシューが、ホロトロ感ありつつ肉感もある絶妙な仕上がりで、しっかりとした味付けも良いですね。あと昔と同じく木製の器で提供される煮玉子は、黄身の半熟具合がこれまた絶妙半熟。味付けも、これまたしっかりしています。

だし茶用ご飯 150円
だし茶用ご飯 150円

 ラーメンの麺を食べ終わった後、残ったスープは、一緒に注文しただし茶用ご飯へ投入。白米の上にカツオ節とネギ、ゴマ、海苔が載り、ワサビが添えられていたのですが、スープと一緒にいただくと、載ったり添えられたりした薬味類が良い感じで効き、これもまた良いですねぇ。あと、他のスープでも是非試してみたいと思いました。

 というわけで、どれも大変美味しくいただいたのですが、那須烏山の名店、未だ健在という感じで嬉しく思いました。今度は、那須烏山市に用は無くてもまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ