たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 八百藤飯店

 この日のランチは、さくら市氏家の市街地にあるこちらのお店。こちらでは先日、五目焼きそばをいただいたばかりだったのですが、今回はある品を目当てにお伺いしました。

味噌ラーメン 750円
味噌ラーメン 750円

 それがこの、味噌ラーメン。というのも、個人的に中華料理屋さんでは、(ランチセットにでもなっていない限り)まず頼まない品ということもあって、こちらのお店でもいただいたことがなかったのですが、ある人から、「八百藤さんの味噌ラーメンは美味しいよ」と聞いたものだから、是非とも試してみたくなったという。で、その味噌ラーメンですが、まず見た目からして違っているというか、麺の上にこんもりと載せられた野菜類は、一般的なラーメン店の場合、せいぜいモヤシとタマネギくらいなところ、こちらのはその他にニラやニンジンも入っていて、更には豚肉もミンチが少量ではなくちゃんとした肉片が結構見えています。それでまずは、そのたっぷり載った具をかき分けるようにしてスープからいってみたところ、味付けは白味噌ベースでしょうか?そこに甘みが効いている印象。更に、具の炒めた野菜と豚肉の旨味が加わって、これがもう。ラーメン店の味噌ラーメンって、その多くがニンニクのパンチを効かせる方向で味のインパクトを出しているように思えますが、中華料理店のこちらは、インパクトというよりも全体的なまとまりというか、ニンニクの風味も強くなく、口当たりは優しいんだけど、当地の人達の好みにも合わせてか味付けはしっかりという印象です。(なるほどこれなら、少なからず存在する、ニンニクがあまり得意ではない人達にも、ちゃんと味わっていただける味ですね。)そして、具の下にある麺は、ラーメン店の場合太麺を使うところが多いのですが、こちらのは、他のラーメン類と共通でしょうか?細縮れタイプとなっていて、何とも優しい食感が、この味噌ラーメンには合っていますね。

 個人的には、元々中華料理にはない味噌ラーメンを中華料理店で頼むことに、正直なところ少々抵抗があったのですが、逆に、元々中華料理にない味噌ラーメンをいかに自分の店の味に合わせるかという、お店ならではの工夫を知ることが出来る品だということを、今回いただきながら思った次第で。というわけで、美味しくいただき、満足いたしました。ごちそうさまです。

平成30年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ