たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都大田区 しぶそば 蒲田店 (東急蒲田駅 改札内)

 4月のとある金曜日。この日の夜に下北沢の某ライブハウスで行われる、とあるアーティストさんの主催ライブを見るために上京したのですが、その日は朝から一日休みを取ったので、ライブまでは個人的趣味活動、乗り鉄と駅そばなどを楽しむことにしました。

 それでその途中で立ち寄ったのが、東急電鉄蒲田駅構内にある、しぶそば蒲田店が。ちなみに『しぶそば』というのは東急グループの株式会社東急グルメフロントが経営する立ち食いそば店で、東急電鉄の駅構内に店舗を展開(これを書いている平成30年5月1日時点で11店舗)しているのですが、これまでいただいたことがなく、是非一度いただいてみたかったんですよね。で、そのしぶそばの中でも評判な良いと言われているのが、この蒲田店。もっとも、このあたりは、自分で食べ比べてみないことには何ともいえないんですが、とりあえず今回、その蒲田店にお伺いするチャンスができたので、喜び勇んでお伺いした次第で。

 それでこちらの注文は食券制。店頭に置かれた券売機で食券を購入してから入店するのですが、まず。メニューが豊富で驚きます。天ぷら系の品だけでも、えび天、かき揚げ、おすすめ天と3種類あり、しかもかき揚げとおすすめ天は期間ごとにタネが変わるそうで。また立ち食い店での一般的なメニュー以外にも、山かけやぴり辛ねぎなる品も有り、ご飯物も豊富。そこで少々迷ったあと、結局かき揚げ(そば・うどん)と生玉子の食券を購入。(天玉の食券があったのに気がついたのは、かき揚げのボタンを押した後でした。)ちなみに、この時はタネが紅しょうがと高菜、そしてタマネギになっていました。(その旨ボタンに書いてありました。)

紅しょうがと高菜のかき揚げそば 400円 + 生玉子 60円
紅しょうがと高菜のかき揚げそば 400円 + 生玉子 60円

 食券を提出して程なく手渡されたそば。まずは、色が薄めのツユをいただこうと丼に顔を近づけると、鰹節の何とも良い香りがフワッと。そして口に含むと出汁感のある上品な味わいで、塩気もジャストという感じ。この手のお店ではしょっぱいツユが好きな自分的には、もう一声、塩気があってもいい気がしたのですが、これはこれで完成された味ですね。またソバは、わりと細目で、変にコシや歯ごたえが強くない、まさしく自然な歯応えが、もう。それと具のかき揚げは、高菜よりも紅しょうがの風味と辛味が立ち、何ともサッパリとした味わい。この手のお店らしく揚げおきですが、クリスプ感は失われておらず、ツユとの馴染みも良かったです。

 というわけで、かなり美味しくいただいたというか、ほんと、流石という感じでした。で、こちらをいただいたことによって、他の店舗でも食べ比べした見たくなったというか、気になる品も沢山あるので、また上京した際にいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした。

平成30年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 14
19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ