たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岡山県倉敷市 百万両

 倉敷の観光地として有名な美観地区などからはちょっと離れたところにある、これまた有名な中華そばの老舗、百万両さんです。実は昨年、岡山にお伺いした時、時間と場所の都合でお伺いするのを泣く泣く諦めたお店なのですが、今回、再び岡山にお伺いする用事が出来たので、ようやく念願が叶うこととなりました。

 岡山空港からレンタカーを飛ばし、お店のに着いたのは午後3時半過ぎ。見るからに年季の入った建物に入ると、店内に染みついたかのようなガラの食欲をそそる匂いが鼻孔をくすぐり、カウンターでは数人のお客さんが黙々と中華そばを啜っています。で、こちらのお店は入店したら黙っていても人数分の中華そばが出てくるという話を聞いていたのですが、一応、店員さんに「中華そば2つ」と告げテーブル席に着くと、程なくして中華そばが登場しました。

中華そば 500円
中華そば 500円
 その中華そば。見た目は、醤油の茶色が濃い清湯系のスープに油はそれなりに浮いていて、具のチャーシューやメンマは、普段いただいているラーメンよりも多めに載っていました。まずはスープからいただくと、ダシは鶏ガラと煮干しとのことですが(その他、昆布ような風味も感じられましたが、気のせいですかね?)、それらをガンガン煮出した(あくまでスープは澄んでいるので、実際には煮立たせてはいないのでしょうけど)ような濃厚な旨味が、多めの油や濃いめのタレと相まって、結構パンチのある味に感じました。また麺は自家製だそうですが、極細のストレートタイプで、打ってから寝かされていないようなソフトな食感。ただ、噛み切るとプチっとした歯応えも感じられ、スープとよく合っていますね。そして具のチャーシューは柔らかいのと噛み応えのあるのが混ざっていて、また、同じく具のメンマは色は濃く煮染まってますが、両方ともナチュラルな味付けで、何だかホッとするような感じがしました。

 というわけで、老舗の味を堪能させていただいたのですが、食べ終わって帰る時、こちらのお店、代金はカウンターに置いて帰るのが流儀のようです。もっとも、テーブル席だったので、店員さんに直接、代金分の1,000円札一枚を手渡ししてお店を後にしました。(テーブルにお金を置きっぱなしにするのもちょっとアレだったもので。)

 それにしても、いただいてみると、何て言うか、これが地元で、昔から今も変わらず愛されている味なんだなぁ、と実感した次第でして。その証拠に、こんな中途半端な時間にも関わらず、お店にはお客さんがひっきりなしに訪れていましたし。また、個人的にも、念願が叶って感慨無量だったのですが、それだけじゃなくて、何て言うか、こういうゆったりとおおらかな気持ちでいただける味って、とってもいいですね。大変美味しゅうございました。ごちそうさまです

平成21年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ