たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 名代にぼしラーメン 時代屋

 間違いなく美味しい煮干しダシの醤油ラーメンがいただきたくなった時、個人的に思い出すお店がいくつかあるのですが、こちらは、そのうちの一つである、宇都宮(旧:河内町)の時代屋さんです。(ちなみに、そのうちのもう一つは、暫くの間煮干しダシのラーメンが提供中止になってしまったようで…。)

 というわけで、今回の目的はこちらの『名代にぼし醤油』なのですが、それに加えて、以前より興味があったにもかかわらずお伺いするとついにぼし醤油のスープの誘惑に負けて今までいただいたことがなかった夏季限定の冷しつけめんを、にぼし醤油に続いていただいてみることにしました。まぁ、某ラーメン本によればにぼし醤油の麺の量が160gとのことなので、あと一杯くらいだったら美味しくいただけるかな、と思いまして…。

名代にぼし醤油 680円
名代にぼし醤油 680円
 で、最初にいただいたにぼし醤油は相変わらずの旨さというか、煮干しが香るコクのあるスープにコシのある中太麺、そして上品な味付けのチャーシューとメンマがたまりませぬ。また、気のせいか、麺は以前に比べプリっとした食感になっているような気がしました。それにしても、何時いただいても美味しいこちらのラーメンって、何気にすごいなぁ、と思ったりして。

冷しつけめん 780円
冷しつけめん 780円
 そして、今回初めていただいた冷しつけめんなんですが、締められてシコシコ感が増した麺の上には、細切りにされたチャーシューとメンマの他、キュウリやトマト、それにスイカまで載っています。キンキンに冷やされた、白ゴマがたっぷりと浮いた付け汁に麺を浸けていただくと、甘味と酸味、それに醤油の風味が効いた、冷やし中華のタレのような味が口の中に広がりました。ただ、冷やし中華のタレとは言っても、もちろん単純な味ではなく、そのバックにはスープの旨味やコクが感じられるような気が。後味はサッパリとしてて、暑い夏場には良いんじゃないでしょうか。

 そんなわけで、今回はにぼし醤油に加え、冷しつけ麺まで堪能させていただき、大満足でございます。ごちそうさまでした。

平成21年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ