たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県福岡市 寿軒 (JR博多駅 3・4番線ホーム)

 博多駅に来るのはものすごく久しぶりというか、前回来てから確か10年以上経っていると思うのですが、その久しぶりの博多駅で、久しぶりのうどんをば。個人的には、駅の立ち食いをいただくと、そこに「来た」って感じなんですよねぇ。ただ、前回来た時と比べると、立ち食いのスタンドも、うどんが入った器も立派になっていて、そのあたりに時の流れを感じてしまう今日この頃なのですが、カウンター上には今や貴重になった、セルフで入れるネギの器が。別にネギをこでっちり入れるつもりはないんですが、こういうのって嬉しいですよね。

 で、九州というか福岡に来たからには、ここらへんでしか食べられないというか売っていない、丸天うどんに生卵をいれていただきました。ちなみに、丸天うどんは、サツマ揚げのような練り物である『丸天』(ただ、サツマ揚げとは断じて違うものらしい)が入ったうどんで、確か、初めていただいたのも、確か博多駅だったかと。

丸天うどんかしわ入り 410円 + 玉子(生) 50円
丸天うどんかしわ入り 410円 + 玉子(生) 50円
 その丸天うどん。まずは汁からいただくと、何とも懐かしさがこみ上げてきます。記憶にある、昔ここでいただいた味ですね。色が薄く甘めのつゆに、柔らかめのうどん、そして甘辛いかしわ(鶏肉)と、おでんのサツマ揚げのような丸天の食感と味がマッチして、これが何とも。もっとも、人間の記憶なんて曖昧な物で、よくよく考えてみると、九州各地でうどんをいただいた味の記憶がごっちゃになっていて、明確に「これが博多だ!」という特徴は思い出せないんですが…。でもやっぱり、感覚としては昔と同じと思ってしまうし、懐かしさで余計に美味しく感じると。

 というわけで、ごちそうさまでした。

平成21年4月訪問


追伸

 そういえば博多駅って、いつ来ても工事しているような印象というか、前回来たときも確か工事中で、今回も工事中でした。「これはJR九州の、サグラダ・ファミリアや~」という寒い物真似はおいといて、いったい何時になったら完成するんでしょうかね?

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ