たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 中華そば みやこ家

 先日、海老つけ麺をいただきにお伺いした時、実は注文時に迷ったというか、壁に貼ってある限定メニューのお知らせの中に気になった品があったので、さくら市氏家での用足しついでに、再度お伺いすることに。

白みそタンメン 890円
白みそタンメン 890円
半ライス 100円
半ライス 100円
 それが、POPというかポスターに「男メシ!!ボリューム満点」と書いてあったこちらの品。実際に実物を目の当たりにすると、見るからに濃厚そうなスープが丼を覆い、更には、大粒の背脂らしき物体が結構な量載せられています。それで意を決してスープからいってみたところ、白味噌を使っているせいもあって、意外とまろやかな口当たり。ですが液状になった脂のまろやかな味や、具の野菜を炒めた香ばしい風味と旨味、白味噌の味などなど、使われた素材の諸々が一体となって、口の中で濃厚さを主張してきます。また麺は、ムチッとした食感の太麺で、それ程自己主張が強くないように感じました。そして具は、味噌漬けの分厚いチャーシューが存在感ありますね。味噌に漬けることによって水分が抜けホロ固い食感になりますが、その分味が濃縮するのでしょうか。あと野菜類は、モヤシ、キャベツ、少量のキクラゲ、ごく少量のニンジンという組み合わせ。更に甘ダレで6時間に煮込んだという背アブラは、食感的にトロトロの手前でこれまた存在感を主張します。で、最初はそのまま、次にちょっとでもサッパリさせるべく卓上のニンニク酢(大変良く合います。ただし、入れすぎ注意。)を投入していただいていたのですが、いろんな意味で我慢できずに半ライスを追加注文し、残ったスープに投入したら、これがまた。生理的に若干ヤバさを感じつつも、一滴残らず完食してしまいました。

 というわけで美味しくいただいたのですが、さすがにこれだけ大量の脂を摂取すると、歳だけに、食後は暫く若干辛いものがありました。でも、ガッツリしたボリュームは看板に偽りなしという感じで。ごちそうさまでした。

平成28年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ